1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 最新テックで足元ほかほか。まさかのジミー・チュウから!

最新テックで足元ほかほか。まさかのジミー・チュウから!

スマート化の波がハイファッションにも及ぶ時代となりました。

どこへ? 「ジミー チュウ」に、です。

20181117_jimmychoo_1

「JIMMY CHOO VOYAGER BOOTS」より、ロゴ入りシューレースを配したブーツ(ホワイト)235,000円(税別)。

スマホで操作、足ぽかぽか

無骨でマスキュリンな印象のコンバットブーツやアーミーブーツに、ファーポンポンを配したり、ロゴ入りシューレースを用いたりと、ジミー チュウらしいフェミニンな遊び心を加えた新作「JIMMY CHOO VOYAGER BOOTS」には、とある仕掛けが内蔵されています。

それは、スマートフォンのアプリでワイヤレス操作ができるヒートインソール

20181117_jimmychoo_2

スマートシューズ技術で世界を牽引する「ゾーテック」とコラボレートし、開発されたウェアラブルテクノロジーによって、25〜45度に温度設定をしてシューズを温められるだけでなく、運動履歴のトラッキングも可能。

「VOYAGERの開発当初にフォーカスしたのは、とにかく機能性だったわ。靴にどんな機能を持たせたいか、みんなで意見を出し合ったの。足を温めてくれるブーツは究極の贅沢のようだけれど、本質を捉えれば実用的ということよね」(クリエイティブディレクター サンドラ・チョイ)

気になる履き心地は?

バッテリー搭載ということは、履き心地が懸念されるところ。バッテリーはシューズの外側に搭載されていますし、コンバットブーツやアーミーブーツはもともとある程度の重みがあるデザインなので、重量を感じることもなく、従来のジミー チュウのシューズと遜色はありません

これなら、真冬の外出だけでなくウィンターリゾートへの旅行においても颯爽と履きこなせます。もちろん、足元の冷え知らずで。

20181117_jimmychoo_3

「JIMMY CHOO VOYAGER BOOTS」より、ファーポンポンをあしらったブーツ。左は防水性バケッタレザーとシャイニーカーフのコンビネーション(ブラック)、右は防水性ヌバック(ネイビー)。ともに246,000円(税別)。

「VOYAGERは新たな分野での第一歩。ウェアラブルテクノロジーはまだ多くの可能性を秘めているわ」とサンドラ。今後の展開にも期待が高まります。

ジミー チュウ

電話:03-5413-1200

ジミー チュウ

小顔に見える!タートルネックが似合うヘアスタイル/AVIの「工夫美容」#10

冬の定番「タートルネック」。暖かさを求めるのはいいけれど、二重あごや丸顔が強調されてしまうというデメリットも! 髪の長さ別に、おしゃれに見せるポイン...

https://www.cafeglobe.com/2018/12/avi_10.html

大人がつけると驚くほどすてきなディオールのイヤリング

ディオールの新作「ディオール トライバル」はCDのイニシャルや、BEE、スターのモチーフを配したパールイヤリング。見た目もプライスもかわいい冬のマス...

https://www.cafeglobe.com/2018/11/dior-8.html

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    最新テックで足元ほかほか。まさかのジミー・チュウから!

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。