1. Home
  2. キャリア
  3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

ビジネス格言

kakugen_9212

Image via Shutterstock

解決する方法は、もっと長く働くことじゃない。つまらない用事を減らすことだ。生産性を上げるのではなく、無駄をなくすことだ。邪魔が減れば、ずっと抱えていた不安が消え、ストレスを減らすことができる。
——ジェイソン・フリード、デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン

「やるべきことが全然終わらない!」という時は、効率的な方法を身につけるよりも、まずはムダをなくしてみませんか?

このアドバイスは、世界的なソフトウェア開発会社であるベースキャンプの共同創業者による『NO HARD WORK!——無駄ゼロで結果を出すぼくらの働き方』からの引用です。

意識高い系とは真逆の“ゆる~い”ムードが漂うビジネス書で、読んでいる内に肩の力が抜けていくのがわかります。

大切なのは、疑問を持ち無駄をなくすこと

「仕事が終わらないのは、自分の能力が低いからだ。もっと新しい知識や技術を身につけ、生産性をアップしないといけない!」……真面目で責任感の強い人ほど、こんなふうに自分を追い詰めてしまいがち。

でも、「そもそも、これ必要だっけ?」と疑問を持つことも大切です。

辛口コラムが人気のDJあおいさんも「自分を磨きすぎて、アプリを入れすぎのスマホみたいに動作が遅くなっていませんか?」と警告していました。

見栄や惰性で続けてきた不要な行為、探せばたくさんあるはず。それらを思い切って削れば、色々うまくいくようになるかもしれませんよ。

ジェイソン・フリード、デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン(著)、久保美代子(訳)『NO HARD WORK!——無駄ゼロで結果を出すぼくらの働き方』(早川書房)

目標は持たない。失敗は失敗ではない/星野佳路さんの仕事術[前編]

星野リゾート 代表 星野佳路さん。ラグジュアリーリゾート「星のや」、温泉旅館「界」等のブランドを展開し、次々と成功に導いてきました。インタビュー前編...

https://www.cafeglobe.com/2019/01/hoshino_philosophy_01.html

楽しんで働いていますか? 運とキャリアを手に入れるための重要スキルは「面白がり力」だった

『「面白がり力」がキャリアを運ぶ』というテーマでMASHING UPに登壇したのは楽天の仲山進也さん、リンクトイン・ジャパンの村上 臣さん、そしてモ...

https://www.cafeglobe.com/2019/01/mu2_report_amuse_yourself.html

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。