1. Home
  2. コミュニケーション
  3. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

woman-sitting-alone-and-depressed-royalty-free-image-501650894-1543595786

——マイロハスより転載

パートナーがあなたをいつの間にか完璧にコントロールしてしまう「感情的虐待」。

あなたが直面した際どうすべきか、気を付けるべき感情的虐待の7つのサインをご紹介します。

「感情的虐待とは何か?」は、こちらの記事で。

(1) パートナーがあなたをコントロールしようとしている
(2) 意地悪をする、侮辱をする
(3) 脅されている
(4) 怒りが暴力にエスカレートする
(5) パートナーが責任を取らず、あなたのせいにする
(6) パートナーが、都合よく話を作っている気がする
(7) 薄氷を踏む思いがする

01. パートナーがあなたをコントロールしようとしている

shutterstock_1019379604

Image via Shutterstock

感情的な虐待の代名詞が、“コントロール”です。アメリカ保健福祉省は以下のことを、すべてコントロールが目的の感情的虐待の兆候と公表しています。

・あなたが友達や家族に会うことを妨げる、または嫌がる
・あなたが仕事や学校に行くことや、医者に会うのを止めようとする
・あなたがどこにいて、何をしているのかを常に知ろうとする
・電話、メール、ソーシャルメディアなどの個人アカウントのパスワードの共有を要求する
・激しい嫉妬を見せたり、あなたが浮気をしていると非難することもある
・あなたの資産状況やお金のやり繰りを、完全にコントロールしようとする
・着るもの、食べるものなど、あなたがすべき意思決定をする

また、あなたを罰するために愛情を控えるようなことも。「対等に問題に対処するより、明らかにコントロールしようとしています」とダイアン・ゲハートさん(カリフォルニア州立大学ノースリッジ校の教授、博士)。

02. 意地悪をする、侮辱をする

shutterstock_1101216494

Image via Shutterstock

感情や言葉による虐待には、侮辱も含まれます。これは自尊心を傷つけ、コントロールを強いる別の方法です。

これは他人の前でわざと恥をかかせたり、あなたを「アホ」「キモい」「カス」などのあだ名で呼んだりすることも。

03. 脅されている

shutterstock_610349384

Image via Shutterstock

脅迫と圧力はパートナーをコントロールするアンフェアな手段。相手を無力にしようとするもの」と、ゲハートさん。

カリフォルニア州立大学フラトン校の心理学教授で博士のマインディー・B・メカニックさんは、「パートナーが、あなたやあなたの所有物、愛する人、ペット、資産に危害を加えると脅すこともあり得ます」と言います。

また、アメリカ保健福祉省によると、あなたの非行について通報すると脅したり、あなたへの怒りで自傷すると脅したりすることもあると解説しています。

「被害者のコントロールのためには、実際の暴力に訴えなくとも危害を与えると伝えるだけでもいいのです」(メカニックさん)。

04. 怒りが暴力にエスカレートする

shutterstock_586365158

Image via Shutterstock

パートナーとのケンカでは、壁に穴を空けたり、テーブルを壊したりすることもあります。

「こんな恐ろしい目にあってしまうと、被害者はおとなしくするしかありません。また、虐待側の要求を飲んだり、暴力を振るったりしてこないよう、行動に気をつけるしかないのです」(メカニックさん)。

恐ろしい手段を使って怒っているとしたら、それは感情的な虐待のサイン。

05. パートナーが責任を取らず、あなたのせいにする

shutterstock_603273773

Image via Shutterstock

あなたは、何もないのに謝っていませんか? 「パートナーに苦情を伝えても、責任を取らないばかりではなく、突然会話の矛先をあなたへの攻撃にすり替える。それは感情的虐待の明確なサイン」(ゲハートさん)。繰り返しますが、これはパワープレイです。

虐待する人は、被害者が過敏すぎたり、真面目に考えすぎたりして、非難されても仕方がないと責めるのです。支配力を保ち、被害者の不安や自責の念を導くことになります。

06. パートナーが、都合よく話を作っている気がする

shutterstock_1055839796

Image via Shutterstock

パートナーが、都合よく話を作っている気がすることは? 自分の家の物が知らないうちに移動していることは?

そんなことが過去にあったかなかったか自問自答していませんか?「被害者に間違った情報を押しつけ、自分の記憶や知覚、究極的には正気を疑うように仕向けるのが『ガスライティング』と呼ばれる行動です」(ゲハートさん)。

これは被害者を混乱させ、究極的には虐待者のパワーを維持するテクニックです。自分の記憶を疑ってしまうと、依存的関係をキープするためにパートナーに頼りたいと感じるのです。

07. 薄氷を踏む思いがする

shutterstock_1176385258

Image via Shutterstock

「被害者側は、パートナーの怒りを避けるために、自分自身のことを“薄氷を踏む思い”などとよく表現します」(ゲハートさん)。

虐待行動の結果、恐怖のなかで生活し、波風を立てまいとするようになるのです。それは、感情的虐待関係のサインですよ。

Cassie Shortsleeve/7 Terrifying Signs Your Partner Is Emotionally Abusive, According to Psychologists/訳 STELLA MEDIX Ltd.マイロハス

ホルモンに振り回されてない? 体調やメンタルをコントロールして働きつづけるには

生理が毎月やってくるのは健康な証拠。そんなイメージがありますよね。でも、「妊娠を望んでいない女性の健康にとっては、実はあまりメリットがない」と宋美玄...

https://www.cafeglobe.com/2019/02/mu2_report_hormone.html

美しさって何のこと? ボディポジティブについて考えた

私達は画一的な「美の基準」に縛られがち。近年世界中で起こっている「ボディポジティブ」ムーブメントについて、現役モデルのサマンサ麻里子さんと考えました...

https://www.cafeglobe.com/2019/01/mu_sate_body_positive.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。