1. Home
  2. キャリア
  3. ピンぼけ写真は即削除! デジタル周りの「スッキリ断捨離術」

ピンぼけ写真は即削除! デジタル周りの「スッキリ断捨離術」

The New York Times

NYT_tech_top

(Glenn Harvey/The New York Times)

日本の片付けにおける第一人者、近藤麻理恵の番組「KonMari ~人生がときめく片づけの魔法~」がNetflix(ネットフリックス)で公開されてからというもの、家の中に溢れるいらないモノの処分がブームになっています。

私たちが溜めこんでいるのはモノだけではありません。スマホには何万点もの写真が、パソコンには何年も開けられていない過去のプレゼン資料や画像がストレージスペースをふさいでいます。

ときめきを与えてくれないガジェット関連のゴチャゴチャも、なんとかしたいものです。大昔の携帯電話たち、からまったケーブル類、もう使わないイヤホンなどが、引き出しを占拠していませんか?

「いつか使うかも」が散らかる原因

そもそも、私たちはなぜデジタル機器を溜め込んでしまうのでしょう? New Minimalism という会社で働く片付けのプロ、キャリー・フォーティンさんは次のように説明しています。

「保管のための負担よりも、いつか必要になった時に買い直すコストを損だと思ってしまうためです」

デジタル機器レビューの担当記者である私は、年間数十台ものガジェットを家に持ち帰るため、それらの整理に常々頭を悩ませてきました。この記事では皆さんに参考になりそうな方法をまとめてみました。

ケーブル類は最小限に

場所ふさぎの一番の犯人は電源ケーブル。製品ごとに存在するため、すぐに増殖してしまいます。何に使うのか分からないものは、思い切って捨ててしまいましょう。マイクロUSBなどたくさんあるものは、種類ごとに2つまで取っておきます。

nyt_declutter_tech_3

Image via Shutterstock

たとえ、あとで必要になったとしても自分を責めないこと。「また買えばいいんです」。前述のフォーティンさんはそう言っています。

一定期間使わないガジェットは処分

使わなくなった昔のスマホやガジェットはリサイクル用に引き取ってもらったり、中古販売店に持っていき処分したりしましょう。私は6か月を目安に、使わないものは手放すようにしています。

アクセサリー類はしまう場所を決める

ガジェット周りの付属品等は専用のキャビネットや引き出しを決めて、そこに種類別に小分けにして保管します。私はイヤホン、各種充電器、USBケーブル等々を、ラベルを貼ったジップロックの袋に入れて引き出しにしまっています。

子供がいる家庭の場合、一人ひとりに専用の引き出しを割り当てるといいでしょう。決まった場所にしまうクセをつけておけば、探すのに時間を無駄にすることもなくなります。

デスクから垂れ下がり、床を這い回るケーブルは、ワイヤーでデスクの足に固定してスッキリさせます。マグネット式ケーブルホルダーなど専用グッズを使うのも良いでしょう。

年に一度、データの大掃除をする

実体がないだけに、溜まっていても気付きにくいデジタルデータ。整理が面倒でつい後回しになりがちですが、怠っているとディスクスペースをふさぎ、必要なファイルを探すのにも時間がかかってしまいます。

定期的に大掃除をして、必要なものは分かりやすくフォルダ分けしておきましょう。

NYT_TECH_FIX_2

(Glenn Harvey/The New York Times)

パソコンの中のファイルは並び順を「最後に開いた日」でソートして、何年も開いていないものは処分します。

スマホのアプリも、使っていないものは取り除きます。iPhoneの場合は「iPhone ストレージ」でアプリの容量や、最後に使われた日を一覧できます。Androidでは、GoogleのFilesというツールがあります。これらを使って必要ないものを消していきましょう。

膨大な写真はスリムダウン

一番難しいのが写真データの断捨離。思い出を消すみたいで、抵抗がありますよね。でも画像データが一番容量を取ってしまうのもまた事実。定期的な整理をおすすめします。

同じ写真のコピー、ブレ・ボケ写真、古いスクショをまず処分。それから振り返って見て、グッとこない写真も捨ててしまってもいいかもしれません。

クラウドサービスにデータを上げ、デバイス上を軽くするのもひとつの手です。私はGoogle Photosの有料サービスを使って、写真を元の解像度で保存しています(念のため外付けハードディスクにバックアップは取ってあります)。

片付けのプロのフォーティンさんは言います。「無駄に溜まった情報は心を重くさせ、不安感のもととなります。それらが身近に持ち歩く機器に入っているわけです」。物理的なスペースを取らないとはいえ、必要ないデータはさっさと処分した方が良いようですね。

© 2019 The New York Times News Service[原文:How to Declutter and Organize Your Personal Tech in a Few Simple Steps/執筆:Brian X. Chen](抄訳:Tom N.)

体内時計に合わせれば、生産性もチームワークももっとアップする

起床と睡眠の生体リズム「クロノタイプ」は、1日のエネルギーの山と谷の時間帯にも関わっています。クロノタイプに合わせた新しいオフィスアワーには、ゆっく...

https://www.cafeglobe.com/2019/02/nyt_officehour.html

「ぶかぶかの仕事着」はもういらない。女性シェフたちの小さな革命

男性中心の厨房を象徴する「コックコート」が今や、廃れつつある。男女を問わず着心地の良い、実用的な仕事着は、料理界の多様化を物語る。

https://www.cafeglobe.com/2019/02/nyt_chefs_outfit.html?itm_source=article_link&itm_campaign=https://www.cafeglobe.com/2019/02/nyt_officehour.html&itm_content=https://www.cafeglobe.com/2019/02/nyt_chefs_outfit.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    ピンぼけ写真は即削除! デジタル周りの「スッキリ断捨離術」

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。