1. Home
  2. ライフスタイル
  3. メイクするほど美白肌に!? 買いだめしたい新ファンデ

メイクするほど美白肌に!? 買いだめしたい新ファンデ

虜になった新作ファンデーションを紹介させてください。「アルビオン」「ホワイトニスタ ファンデーション」機能性も、使用満足度も高い、優れものです。

20190308_albion_1

化粧膜に美白パック機能をもたせた薬用美白ファンデーション「アルビオン ホワイトニスタ ファンデーション」SPF30 PA++ 6,000円(税別)※医薬部外品。トラネキサム酸、油溶性ビタミンCが優れた美白効果を発揮する。

使うほどに美肌に

まずは機能性について。特長は、日中の美白パック効果を狙った薬用リキッドファンデーションであること。使うほどに素肌そのものが明るくクリアに導かれます。

保湿など、スキンケア成分を付加したベースアイテムは存在します。が、美白パック発想なんて、ほぼ見かけません。それは、ファンデーションに美白成分を配合するのが難しい技術だから。

というのも、カバー粉体やUV粉体など、ファンデーションの構成要素の多くは「粉モノ」。一方、美白成分は液状で安定性が低く、両者を混ぜるのは非常に難しいのです。イメージするところ、ダマダマになったお好み焼きのモト。

よって、これまで美白成分入りファンデーションを作るには、粉を減らして美白機能を優先するか、美白成分を減らして粉を優先するか、の2択。ホワイトニスタ ファンデーションのすごさは、つけていることで美白ケアと美肌魅せの一挙両得をかなえた点にあります。

新開発ベースがカギ

秘密は、新開発の「インサイドアウトベース」。これを肌にのばすと、肌上に美白パック成分、そのうえにファンデーション成分の2層構造が作られ、その後、それらが膜となり、美白パックのような役割を果たすのだそう。

美白成分をとじ込めたパック膜が化粧膜を成すことから、美白と美肌が同時にかなうというわけ。

20190313_albion_2

ピタッ! ほどよいツヤで、自然な仕上がり

リキッドを手に取ると、ポテッとした厚みのあるテクスチャーゆえ、厚塗りに見えやしないかしらと不安が募る……。

が、思いのほかのびがよく、ピタッと密着ほどよいツヤをたたえつつ、さらりとした自然な仕上がりで、色ムラやシミ、毛穴はきちんとカバー。さらに紫外線予防もでき、下地不要なので、時短にもつながります。

科学の進化により生まれた、画期的な新製品。買いだめしておこうかしら!

アルビオン

電話:0120-114-225

アルビオン

表面的ではない、本当の意味での「美しい生き方」とは?

忙しく働く毎日において、優雅で美しい生き方をするためにはどうしたら良いのでしょうか。コンテス(伯爵夫人)たちから学ぶ、エレガンスの真髄をご紹介します...

https://www.cafeglobe.com/2019/03/185466_tips.html

映画のサントラを任されるのは男性ばかり? ハリウッドに変化の兆し

ハリウッド映画の音楽を手掛けるのは男性ばかり。そんな風潮に女性の作曲家たちが風穴を開け始めている。ニューヨーク・タイムズ配信記事。

https://www.cafeglobe.com/2019/03/nyt_movie-1.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
多田亜矢子
編集&ライター。2006年、マガジンハウスに入社。雑誌『Hanako』『GINZA』編集部に勤務し、ビューティ、ファッション、グルメなどを担当。現在はフリーランスとして「Hanako.tokyo」や「FUDGE.jp」などで活動中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。