1. Home
  2. キャリア
  3. 女性が自分らしく働くためのシンプルな3つのこと/まとめ

女性が自分らしく働くためのシンプルな3つのこと/まとめ

nail

「女性が活躍する社会」とはよく聞くけれど、自分らしく働くために何が大切なのでしょうか。さまざまなフィールドからポイントをまとめました。

つらさを共有する場や仲間を確保する

girls_640

増える女性の管理職やマネージャー。ロールモデルが少ない中でマネジメントをしていくことは大きなプレッシャーです。欲しいのは「頑張れ」という後押しよりも、不安やつらさを共有する仲間や場所。本音のコニュニケーションが重要です。

「キラキラ」だけじゃ進まない! 本音で話そう、ダイバーシティの理想と現実

結婚後も変わらず仕事をするために

familly

結婚と仕事の両立も自分らしく働くための大きなテーマ。昔は結婚したら仕事を辞めて家庭に入るのが主流でしたが、いまは結婚後も共働きをする時代。「夫婦で結婚を経営する」という視点で考えると、結婚も仕事もうまくまわります。「共同経営者型の結婚」という考える方がポイントです。

「出会いがない」けど人生のパートナーと出会うために。見つけるべきは自分のコアバリュー

ハラスメントには、我慢をしないで声をあげること

angry

セクハラもパワハラも仕事のうち、と思いこまされてきた過去、ありませんか? 「自分が我慢すればいい」という不条理な風潮は、「声をあげていい」という空気へ変化。女性が働きやすいのはハラスメントのない社会。自分自身が声をあげるのが第一歩です。

ゼロ・ハラスメント実現の第一歩は“オール当事者意識”から始まる

Image via Shutterstock

「取り組む方が儲かる」がカギ? ダイバーシティをブームで終わらせないためには

ダイバーシティをブームで終わらせず、ベーシックなものとしていく。そのために、個人として、そして企業としてするべきこととは。ヤフー株式会社の西田修一さ...

https://www.cafeglobe.com/2018/12/mu2_report_yahoo.html

さよなら私の嫉妬心。『消したくても消せない嫉妬・劣等感を一瞬で消す方法』

仕事でもプライベートでも嫉妬心はつきものです。受けるのも抱くのも辛い嫉妬の心。その上手な治め方をご紹介します。

https://www.cafeglobe.com/2019/01/183660_book.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
鈴木有子

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。