1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 糖質制限中でもお米が食べたいあなたに

糖質制限中でもお米が食べたいあなたに

かつて、月刊誌であらゆるダイエット方法に挑戦する連載を担当した筆者。運動、器具、鍼などいろいろ試しましたが、効果実感がもっとも早く得られたのは、糖質制限でした。

糖質制限の難点の1つは、継続性。特に主食であるお米を避け続けることは、なかなか難しい。

炊飯で糖質カットを実現

そこで目に留まったのが、GIZMODO JAPANで紹介されていた「匠」。「サンコー」の糖質カット炊飯器の新モデルです。

20190214_thanko_1

2つの釜と独自のテクノロジー「リフトコントロールシステム」によって糖質を落とす仕組みが進化した「匠」34,800円(税込)※先行予約受付中。2月中旬よりお届け予定

匠で炊飯すると、なんと米の糖質が35%もカットされます。ごはん茶碗1膳分・約150gの糖質が、約100g分にまで軽減されるということ(嬉しい!)。

20190214_thanko_2

内釜がせり上がる新設計

既存モデルは手入れが面倒なデメリットがあったため、新モデルには新システム「リフトコントロールシステム」を採用。

20190214_thanko_3

ざる状の内釜が、炊飯が進むにつれてせり上がることで、糖質が含まれた煮汁が米に再吸収されるのを防ぐ設計となりました。これにより排水トレーが不要になり、洗浄パーツが減ったのです。

20190214_thanko_4

お米のおいしさはそのままに

気になるのは、お味。旨味も同時にカットされてしまっているのでは? という心配は無用。

ローカーボ料理研究家の藤本なおよさんによれば、「お米の香りや食感はそのままに、あっさりとした甘さのごはんとなり、おいしくいただけました」。リゾットにしたりするのにも適しているのだとか。

ちなみに、通常炊飯も可能。糖質制限生活を卒業したとしても、活躍してくれます。

GIZMODO JAPAN, サンコー]Image via サンコー

身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

「骨形成不全症」というハンディキャップを抱えながら、ひとり暮らしや海外留学、結婚を経験し、現在はふたりの子育ても楽しむコラムニストの伊是名夏子さん。...

https://www.cafeglobe.com/2019/03/mu2_report_challenged.html

データから子どもが生まれる未来がくる?/長谷川愛さん[後編]

アーティスト/デザイナーの長谷川愛さんが語る「性とジェンダー」のこと。そして、他者やマイノリティに対するバイアスの問題について。LIFE after...

https://www.cafeglobe.com/2019/03/singularity6_3.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
多田亜矢子
編集&ライター。2006年、マガジンハウスに入社。雑誌『Hanako』『GINZA』編集部に勤務し、ビューティ、ファッション、グルメなどを担当。現在はフリーランスとして「Hanako.tokyo」や「FUDGE.jp」などで活動中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。