1. Home
  2. Work
  3. その日、作業した分だけ目の前の景色が変わるんです/【飛びこんだひと①】飯塚潤子さん

女性と仕事

その日、作業した分だけ目の前の景色が変わるんです/【飛びこんだひと①】飯塚潤子さん

医師、板前、パイロット、鳶職……。

近年、職業における性別の垣根もだんだんなくなってきています。MASHING UPは、「男性の仕事」とされてきた業界への扉を叩き、誇りを持って仕事に日々情熱をそそぐ女性の働き手たちを「飛びこんだひと」として紹介します。

第一弾は、女性従事者の割合はわずか6%(平成27年総務省「国勢調査」より)という林業を仕事に選んだ女性です。

kanbatsu_top

会社の仲間たちと森で間伐作業。中央が飯塚潤子さん。

飯塚潤子さん(株式会社東京チェンソーズ)

Q:職業を教えてください。

A:林業に従事しています。

苗木の植え付け、間伐などの森林整備・管理のほか、森林に関するイベントの企画、木材販売、会員制の森林育成体験プロジェクトなども手がける「東京チェンソーズ」(東京都檜原村)という会社で働いています。

Q:なぜその職業を選んだの?

A:日本の森林の現状に憤りを感じたから!

子どもの頃から、砂漠問題や酸性雨など環境問題に興味がありました。東京大学農学部に在籍中、教養の授業で、日本の森林は手入れが行き届いておらず、使われどきなのに利用されていないという現状を知って。海外で違法伐採するくらいなら日本の木を使えばいいのに!と憤り、いつか環境や森林に携わる仕事に就いて、国内の森林問題に取り組もうと決めました。

大学卒業後、まずは一般的な社会人の感覚やスキルを身に着けようと、国際見本市を主催する会社で4年間勤務。たまたま2011年に出版された『今日も森にいます。東京チェンソーズ』(徳間書店)を読んで今の会社の活動を知って感銘を受け、職務経歴書と履歴書を送りつけて面談してもらったんです。森林関連イベントなども開催している会社なので、ここなら自分でも活躍できるのではと思いました。

forest

日本の森林は間伐などの手入れが行き届いておらず、上手に活用されていない。(Image via Shutterstock)

Q:その業界に飛びこむのに恐怖心はありませんでしたか?

A:まったくありませんでした。

第六感でピーンと来たものについては躊躇しない性格なので、怖いとは思いませんでした。

Q:周囲の反応はどんなものでしたか?

A:みんな応援してくれました。

家族も友達も、反対する人はまったくいませんでしたよ。村のおじさんや前職のおじさんなどに「(東大卒なのに)もったいない~」と言われることはあります。

Q:性別による壁を感じたことは?

A:力仕事ではかないませんが、活躍できる場面があります。

重い荷を運ぶなどの力作業では、男性と比べると圧倒的に弱い。でもまわりが優しい先輩ばかりでフォローしてくれました。わたしは違う場面で活躍できればいいと思っています。

あとは妊娠・出産・子育てに時間をとられること。パートナーが同じ職場なので、理解があるのはメリットですが、夫が現場仕事で時間の融通が利かないため、必然的にわたしが短時間勤務になります。妊娠や育児から学ぶこと、仕事に活かせることもあるので、女性にしかできない仕事、と思って割り切っています。

junko2

背負いかごは、村のおじいちゃんがつるで編んだもの。結婚祝いに会社の先輩方がプレゼントしてくれた。

Q:仕事のやりがいはどんなことですか?

A:働いた分だけ、景色が変わります。

現場仕事でいえば、その日作業した分だけ目の前の景色・風景が変わるということ。具体的には、植えた苗木が並んでいたり、下草を刈ることで山がスッキリしたり、間伐をして林内に光が差すようになったり。

今は第二子を出産し、育休中。第一子を妊娠してからは、労務などの事務や広報、森林関連イベントの調整、営業企画のようなこともしています。また、最近では、小売企業への木材提供や木のおもちゃの製造販売といった「木を街に届ける」取り組みに力を入れています。社員が汗を流して伐採、搬出して製材したものが、人の手に渡っていく。小さくても確実な取り組みに関われることがやりがいです。

Q:この職業を目指す人にアドバイスをするとしたら?

A:たくさんの可能性を秘めた業界です。

林業は、まだまだ旧態依然の業界ですが、逆にその分いろいろな可能性があると思っています。

よく地方を変えるのは若者、よそ者、馬鹿者の「3モノ」といいますが、林業も同じようなところがあるのではないでしょうか(林業の場合、40代も若者の部類に入ります)。

また、現場に直接は関係なくても労務、総務、広報など、一般企業の経験を活かして改善できる余地がたくさんあるので、興味があればぜひ飛びこんでみてください。

写真/飯塚さん提供

「AI酒」は職人と職人の間をつなぐメディア/三浦亜美さん[中編]

シンギュラリティ連載、ima三浦亜美さんの回。後継者不足などが囁かれている「酒造り」の再生と、復興を賭けた「AI酒」の試みについて。

https://www.mashingup.jp/2019/04/singularity8_2.html

こんな制度が自分の会社にも導入されたら歓喜しそう。みなさんはどの制度がほしいですか?

もうすでに一部の企業では誰もが働きやすいよう制度を整えています。これからの働き方に希望を与えてくれるような制度をご紹介します。

https://www.mashingup.jp/2019/04/rule.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
MASHING UP編集部

    女性と仕事

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。