1. Home
  2. Work
  3. イノベーターに必要な三つの資質って? ヒントはこんなところにありました

イノベーターに必要な三つの資質って? ヒントはこんなところにありました

joif_top

2019年6月4日・5日、日本最大級の企業検索・マッチングプラットフォームを運営するeiicon companyによる「Japan Open Innovation FES 2019」が都内で開かれました。企業や自治体が組織の枠を超えて協働し、新しい価値を生み出す「オープンイノベーション」の可能性を探るこのイベント。この記事では2つのトークセッションの様子から、オープンイノベーションのヒントをご紹介します!

イノベーターに必要な資質と環境って?

「イノベーター × オープンイノベーション」のゲストスピーカーは、フォーブスジャパン副編集長兼イベントプロモーション部チーフプロデューサーの谷本有香さん、立教大学経営学部助教の田中聡さん、NPO法人ミラツク代表理事の西村勇哉さん。

モデレーターを務めるのは、パーソルキャリア株式会社「タニモク」プロジェクトリーダーの三石原士さん。新規事業の担当者という立場から、質問を投げかけていきます。

eiicon_2

左からパーソルキャリアの三石原士さん、 立教大学の田中聡さん、フォーブス ジャパンの谷本有香さん、ミラツクの西村勇哉さん。

最初は「モテたい」「お金持ちになりたい」が目標でもいい

オープンイノベーション担当者にどんなスキルを求めるか?」との三石さんの問いかけに、田中さんは「その会社でなにが大事か、という会社土着の部分を分かっていることが必要」と回答。

人材育成や事業開発に関わる西村さんは、パフォーマンスをあげるためには、「何がしたいかを明確にすること」と言います。「会社や担当者がやりたいことをやっているか。一番ダメなのは、みんなが決めたから、と言う人」とバッサリ。

joif_nishimura

「みんなが決めたからやる、という姿勢ではダメ」と語る西村さん。

今まで、経営者を含めた世界の著名人3000人以上にインタビューしたという谷本さんは、イノベーターに必要な三つの資質について言及。まずは、エネルギーを持っていること。そして、企業の中で自分の名前で仕事ができていること。最後に、これらをつなぎ合わせてコミュニティを作っていること

「共通の概念や哲学、目標をコミュニティで共有して、エネルギーで伝播させることができるかどうかです」

joif_tanimoto

イノベーターに必要な三つの資質について語る谷本さん。

そして、「最初の目標はモテたい、お金持ちになりたい、ポルシェに乗りたいでもいい。その次に、社会的意義に目を向けられるかどうかが分かれ目」と話しました。

「キラキラ人材」だけに任せないで

「組織の中でメンバーのパフォーマンスを上げ、モチベートするにはどうしたらいいか?」と問われると、3人は「環境づくり」と口を揃えます。

田中さんは、企業のオープンイノベーション担当者がスタートアップ経営者と『共同開発をしましょう』と盛り上がっても、社内の力学とうまく融合できない、という問題を指摘。「社内コミュニケーションや社内政治が大事です」

joif_tanaka

イノベーションのための環境づくりの重要性を語る田中さん。

谷本さんは、「(部下がパフォーマンスを上げるためには)上長の役割が大きい」。安心感を持って仕事ができる環境を作って、小さな成功体験を積ませること。また、社内ですでに成果を出している「キラキラ人材」に担当させるのではなく、「評価されていない人たちの強みを引き出すことで生まれるイノベーションがあるのでは」と話しました。

eiicon_3

西村さんは、「イノベーターを守ることはすごく重要」。他の既存事業とは違う新しいやり方でないと事業が回らないことを上長が理解する必要がある、と訴えました。

「社会課題✕オープンイノベーション」はビジネスチャンス

eiicon_1

左から内閣府の石井芳明さん、Ridiloverの安部敏樹さん、BUSINESS INSIDER JAPANの浜田敬子統括編集長。

続くセッションは、「社会課題 × オープンイノベーション」。株式会社Ridilover代表取締役の安部敏樹さん、内閣府政策統括官付イノベーション創出環境担当企画官の石井芳明さん、モデレーターにBUSINESS INSIDER JAPANの浜田敬子統括編集長を迎え、「オープンイノベーションは、社会課題への有効な手段になるのか」について語りました。

「会社と家の往復」の外にチャンスが転がる

300種類もの社会課題を扱い、社会課題をテーマにした修学旅行や研修旅行を実施している安部さん。「社会課題はオープンイノベーションにつながるビジネスチャンス」と言い切ります。政府や国は、民間と組んで問題解決しようという姿勢になっているので、大きなマーケットが見込まれるものの、現実には、なかなかそこに企業が入っていけません。

joif_abe

「会社と家の往復では新しいアイデアは生まれない」と話す安部さん。

一つには、企業が新しいことをやろうとしても、アイディアがなかなか出てこないそうです。「原因は、(社員の)会社と家の往復にあるのでは」と阿部さん。「新規事業は、想像力が及ばない部分で作らないといけない。そこに働きかけられるのが社会課題なのでは」と力説します。

「生きることとは何か」から始まるビジネスづくり

浜田さんは、社会課題を解決するベンチャー企業が増えているという最近の動向に触れ、「大企業との違いはどこにあるのでしょうか?」と質問。

石井さんは、「2000年代前半には、これ(新しい事業やサービスなど)で競合他社をやっつける、というベンチャー経営者が多かった。しかし今の経営者は、これで社会を変えたいと話します」と述べ、その背景にリーマンショックと、東日本大震災を挙げました。

joif_ishii

リーマンショックと東日本大震災を経て、経営者の動向が変わったと話す石井さん。

「お金目的ではなく、生きることとは何かを考えて経営に入る人が多くなった。ベンチャーで課題設定ができている人は、みな自分の原体験をもとに事業を作り上げています」

最後に、オープンイノベーションで大切な「チームビルディングをする環境設定」について安部さんが話しました。「名刺交換をして、いきなりオープンイノベーションをしましょう、ではない。こんな技術やサービスがあったらあのおじいちゃんが救われるよね、といった共通体験を通して、初めて次の段階へ進む。うちの会社にはこんな技術がありますよという話になる」

JOIF_5

会場には、スタートアップ・中小・大手企業、自治体など多くの組織と出会えるマッチングブースも。

約300席がほぼ埋まっている観客席には、スーツ姿の人が目立ちました。熱心にメモを取る人もいて、ビジネスパーソンのオープンイノベーションへの関心の高さが伺えるイベントでした。

写真提供/eiicon運営事務局、取材・文/土田ゆかり

ダイバーシティ推進のカギとなる「無関心な人」を揺り動かすには?

「ダイバーシティ」を推し進める企業内でも「関心層と無関心層」に分かれてしまっている現実。無関心層にいかにリーチすべきか。MASHING UPで話し合...

https://www.mashingup.jp/2019/02/mu2_report_uninterested.html

Amazon券プレゼント! SDGsについてのアンケート(所要時間3分)

「SDGs」に関する11問の簡単なアンケート。答えていただいた方には抽選で5名様にAmazon券(500円)をプレゼント致します!SDGsについて知...

https://www.mashingup.jp/2019/06/sdgs_enquete.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
土田 ゆかり
ライター。編集プロダクション勤務を経てフリーランスに。ジャンルは、ライフスタイル、医療など。趣味は色々で、ハマりやすく冷めやすい。でも、10年前に台湾でハマった中国茶は今も継続中。中国茶の魅力、おいしいものたくさんの台湾をみんなに知ってもらう!がテーマの料理会を今秋に開催予定。

この記事に関連する人

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。