1. Home
  2. Wellness
  3. ひんやり〜。夏のボディに心地よいセルライトケア

mu_beauty

ひんやり〜。夏のボディに心地よいセルライトケア

「いいモノ」であるだけでなく、それらを入手することで社会に少し貢献できたり、わたしたちをちょっとエンパワーしてくれたりする。そんなすてきなアイテムやビューティ情報を紹介してゆく新コーナー。

今回ご紹介するのは、あの大人気ボディケアシリーズの新作です。

フランス発認証オーガニックコスメブランド「メルヴィータ」ボディケアシリーズ「ロルロゼ」。シリーズ1作目の「ブリリアント ボディオイル」は、100%自然由来成分でありながら脂肪燃焼や肌の引き締めを強力にサポートし、高い効果実感を誇る名作です。

夏のボディに心地よい冷感刺激で、セルライトケア

このヒットシリーズに新作が加わったのですが、これが暑い時期に進んで使いたくなる逸品で。その名は「オイルイン アイスジェル」

20190622_mervita_1

脂肪の排出を促し蓄積を防ぐピンクペッパーと冷感刺激によって、肌を引き締め、むくみを解消する「ロルロゼ オイルイン アイスジェル」100ml 4,400円(税別)。肌をなめらかにするジェルテクスチャーで、セルライトの凸凹にもアプローチ。

特徴は、冷却ボディローラーを搭載、そしてメントール&ミントウォーターが配合されている点。冷感刺激を与えると交感神経が刺激され、これにより体温を上げようと血流が増加、燃焼活動の活性化が助けられるのです。

塗布すると、肌表面の温度が一気に6℃低下(※)。この-6℃とは、刺激とひんやりした心地よさとのバランスが取れた温度なのだそう。

20190622_mervita_2

さらに、カフェインの8倍の脂肪分解効果をもつとされるピンクペッパーも配合。脂肪の蓄積を防ぎ、排出の促進にアプローチするピンクペッパーと、前述の冷却刺激と。この相乗効果によって脂肪の燃焼と排出が促されます

20190622_mervita_3

古くから美容や健康のために重宝されてきたピンクペッパー。フランス領レユニオン島産のピンクペッパーから天然成分のみを抽出したエキスを使用。

効果を高める温冷のダブル攻め

ちなみにピンクペッパーは、ブリリアント ボディオイルにも配合されています。となると、夏場にはさっぱり仕上がるオイルイン アイスジェルだけでもいいの? との疑問が生じます。

が、お薦めしたいのは併用

20190622_mervita_4

ピンクペッパーとブラックペッパーによる高い肌引き締め効果を誇る「ロルロゼ ブリリアント ボディオイル」100ml 5,000円(税別)。ローズヒップが肌のキメを整え、ハリアップに貢献。

より効果実感が高く得られる使い方としては、入浴後などのほてった身体をオイルイン ボディジェルでマッサージ。体温を上げようと血流がアップしてきたところを狙って、なめらかなブリリアント ボディオイルで温ケア。冷浴と温浴を交互に行うのがポイントです。

ボディケアが地球の未来を救うことにつながる!?

果物や野菜、オイルのために栽培される植物の多くにとってミツバチによる受粉が不可欠であることから、メルヴィータは養蜂支援を行うなど、環境保護活動に積極的。わたしたちにより身近な例でいうと、毎月20日から30日の期間に「エコ10DAYS」を行っています。これは、メルヴィータ直営店で使用後の化粧品容器を回収するリサイクル活動

使用済みの化粧品パッケージを持参するだけで、地球の未来を守ることができる。あまりに気軽なので、お店へどんどん通ってしまいそう。特にこのロルロゼシリーズはリピート買いに値する名品ですから、なおのこと!

※使用前に10分間冷蔵庫で冷やし使用した直後の肌温度

メルヴィータ

電話:03-5210-5723(メルヴィータジャポン カスタマーサービス)※化粧品の空き容器を持ってゆくと、メルヴィータメンバーシップポイントがもらえる「エコ10DAYS」は、毎月20〜30日にメルヴィータ直営店にて実施(要会員登録。容器は軽くすすいで持参を)。他社製品の化粧品容器も回収可能。

メルヴィータ

いま、世界が「17の目標」に向かって進んでいるって知ってた?

話題のキーワード「SDGs」。 言葉の意味やなぜ取り組むのかなど、きほんの部分から紐解きます。

https://www.mashingup.jp/2019/06/iges_01.html

あなたに潜むネガティブキャラは?/マイナス思考診断

思考のパターンを知っていれば、マイナス思考から早くスルリと抜け出せます。あなたの心に潜む「マイナス思考」の住人タイプを見つけましょう!

https://www.mashingup.jp/2018/08/shindan_minus.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
多田亜矢子
編集&ライター。2006年、マガジンハウスに入社。雑誌『Hanako』『GINZA』編集部に勤務し、ビューティ、ファッション、グルメなどを担当。現在はフリーランスとして「Hanako.tokyo」や「FUDGE.jp」などで活動中。

    mu_beauty

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。