1. Home
  2. Wellness
  3. 未来において「死」の概念は変わるのか/福原志保さん[前編]

LIFE after 2045/シンギュラリティと私の未来

未来において「死」の概念は変わるのか/福原志保さん[前編]

2045_11_1_top2

2045年頃に迎えるというシンギュラリティ(技術的特異点)について各界の有識者と検証し、次世代の未来に遺すべき価値観を探る連続インタビュー。第10回は、日本におけるバイオアートの第一人者・福原志保さんをお招きし、未来社会における死生観について伺いました(全3回掲載)。

福原志保(ふくはら しほ)さん/バイオアーティスト
2001年、英セントラル・セント・マーチンズ卒業。2003年、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート修了。2004年、オーストリア人アーティスト、ゲオアグ・トレメルと共同で「BCL」を結成。亡くなった人の遺伝子を樹木に埋め込んで新たな墓標を提供する「バイオプレゼンス社」をロンドンで設立。2007年より活動拠点を日本に移す。早稲田大学理工学術院研究員を経て、現職。

生きた「木」にヒトの遺伝子を移植する

——福原さんは、ヒトの遺伝子を木に移植した『バイオプレゼンス(Biopresence)』(2004年)など、数々のバイオアート作品を手がけていますよね。

福原志保(以下、福原):はい。『バイオプレゼンス』は、亡くなる方から採取されたDNAを樹木の遺伝子内に保存するという作品です。たとえばその木を公園に植樹すれば、何年か経ったのちに遺族や友人がそこを訪れたときに、故人のDNAを宿した木に対面できます。木の寿命にもよりますが、何十年も先の未来でも、そうやって故人の一部と触れ合うことができる。いわば「生きた墓標をつくる」というプロジェクトです。

Biopresence

『バイオプレゼンス(Biopresence)』(2004年)

実際に「故人のDNAを宿した木」を初めて構想したのが、今から15年前でした。DNAの移植自体は当時の技術で十分に可能でしたが、解析にかかる費用がとても高額だったんです。ところが、今では100分の1程度にコストダウン。それだけ、この間に解析技術が進歩・普及したと言えます。

「死」とはエントロピーである

——ふつうは、人が亡くなると石で作られたお墓の中に遺骨が納められ、人里離れた場所にある墓地を遺族がお参りする……といったイメージでしたが、成長しつづける木が街中にあり、いつでもそれと触れ合えるというのは、とても前向きなアイデアに思えます。

福原:そもそも「死」には、社会的な側面と生物学的な側面の2つがあると思います。「社会的な死」は「何月何日の何時何分に、誰々が亡くなりました——呼吸もしていません、心臓も脳も機能が止まりました」というもの。だけど生物学的には、細胞はまだ全滅したわけではありません。心肺が停止しても、物質としては、しばらくのあいだ機能しつづけています。

私が10年ぐらい悩みつづけた末に出した回答は、「死とはエントロピーである」ということ。※エントロピーとは、熱力学の第二法則において、何らかの現象が起きた際に必ず増大するとされる「乱雑さ」のこと。

どういうことかというと、たとえば水に角砂糖を入れると溶けますよね。目には見えなくなるけれど、砂糖の成分は水に溶けて、その中に残っています。それを煮沸して、もう一回砂糖を可視化したら、成分としての砂糖は戻ってくるけれど、四角い形は戻ってきません。

「生命」自体もまた、細胞膜のような型に入れられて固定されている状況で、その主体が死ぬと分解が始まります。ひとたび状況が変わってしまうと、元に戻すことはできない。そのようなことから、死とはエントロピーではないかと思うようになったのです。

そこから人工知能(AI)や仮想現実(VR)について考えてみると、それらはミミックである(生き物を模している)場合もあるため、データの塊であるはずの画像やデータが生きているように感じられる瞬間があります。生命感というものは感じやすいけれど、死は感じにくいもの。かたや亡くなられた方は、死後硬直してどんどん冷たくなってゆく過程で、「あ、ここにはもういないな」と思える瞬間があるらしい。

データだって「生命感」を持つ瞬間がある

「人間らしさとは、何か?」という発想をベースに技術が発展してゆくと、生きていないはずのデータでも生きているように感じられる日が、やがて来るかもしれません。

コントロールできないものは、怖い

pict1

——人間の死と、データの死は異なりますか?

福原:逆に「生きている感じがしないデータ」といえば、 ひとつは「アンコントローラブルなデータ」があるでしょう。電源を切っても絶対に死なずに生きている「たまごっち」なんて、怖いじゃないですか。

たとえば、映画『ブレードランナー』に出てきたアンドロイドは、自分が機械なのか人間なのかがわからないけれど、感情はある。そして「自分は(人間に)殺されるために生まれてきたのか?」という葛藤から、自分の手で開発者を殺めてしまいます。そのような「テクノロジーが発達すると、アンコントローラブルな事態が引き起こされる」という物語は、古典的なSFの常套句ですよね。

バイオテクノロジーにもまた同様のイメージがまとわりついていて、たとえば「ずっと腐らない食べ物」は、聞いただけで怖い。人間は、従来のライフサイクルが覆される可能性が見えてしまうと、直感的に怖くなるのです。

ところで、春先に日本全国でいっせいに開花するソメイヨシノは、全部クローンです。だからひとつのウイルスに感染したら、全部が枯れてなくなってしまう恐れがあります。 2045年には、お花見ができない未来もありうるわけです。 それを阻止するために、遺伝子を組換えたソメイヨシノを開発した研究者もいるのですが、なかなか普及しません。

2045年には、桜が無くなるかもしれない

「遺伝子組み換え食品」も、今はネガティブなイメージが先行しているため、消費者からも敬遠されがちです。実際問題として遺伝子組み換え食品には、世界的な食料危機を回避するメリットの側面もあるのだけど、イメージがよくないものは極力隠蔽されてしまうんです。

「死」にも同様なところがありますよね。アメリカには「お年寄りだけが住む街」まであって、東京のように都市部でたくさんのお年寄りを見かけるケースは稀です。「死に近づいている人を見ないようにする」のは、やっぱり死が怖いからでしょう。

人間を超えるものが登場するのは、まだ早い

pict2

「人間以上に賢くなったAIがシンギュラリティを引き起こす」というビジョンも、それによって、“アンコントローラブルな事態が引き起こされるのではないか”という恐怖とセットで語られがちですが、私に言わせれば、「まだまだ早い」と思うんです。

人間の身体は、それ自体が高精度なセンサーで、大気の気温や湿度、触感、味、音など、膨大なデータをつねにインプットして、それらを脳で処理しています。「シンギュラリティは人間を超える」と言われているけど、そもそも「人間の身体機能」が明らかにされていないのに超えるとはどういうことか、逆に聞きたくなるくらいですね。

記憶や計算といった一部の機能が人間を超えたとしても、人間という存在、あるいはその身体の組成を解明し、それを上回るメカニズムが誕生するには、まだまだ時期尚早だと思います。<中編に続く>

聞き手/MASHING UP編集部、撮影/中山実華、構成/木村重樹
取材協力:FabCafeMTRL(ロフトワーク)、ヘアメイク:ERI

死後の「自分」を考えたことはありますか?/福原志保さん[中編]

2045年、人工知能(AI)と人間の能力が逆転する「シンギュラリティ(技術的特異点)」を迎えたら、私たちの仕事や暮らしはどう変わる?バイオアートの第...

https://www.mashingup.jp/2019/07/singularity11_2.html

人の“想い”を未来に伝えていくには/福原志保さん[後編]

明るい未来を切り拓くための連続[LIFE after 2045]。バイオアーティスト福原志保さんに聞いた、“想い”を未来に継承してゆくためのヒント。

https://www.mashingup.jp/2019/07/singularity11_3.html

▼ Sponsored

「ロールモデル」は本当に必要? 新時代のキャリアの築き方

副業が解禁されるなど、多様な働き方をしている人が増えている現代。働き方のロールモデルって、必要なのでしょうか。ユニークな働き方を実現している4名に聞...

https://www.mashingup.jp/2019/07/persol_report.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
MASHING UP編集部

    LIFE after 2045/シンギュラリティと私の未来

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。