1. Home
  2. Social good
  3. 母たちはもっと、自分を大切にしていい/鯖江から世界へ。「わたしの日」プロジェクト、始動!

母たちはもっと、自分を大切にしていい/鯖江から世界へ。「わたしの日」プロジェクト、始動!

sabae_01_640_fin

6月23日、福井県鯖江市にて、お母さんが子育ても仕事も、自分らしく生きられる社会を目指して、産官民一体で取り組む「わたしの日」プロジェクトの記者会見がありました。

その内容と、応援に駆け付けたイラストエッセイストの犬山紙子さんやFrancfrancの髙島郁夫代表による、女性が活躍するための企業や社会のあり方に関するメッセージをご紹介します。

女性たちが「自分自身を大切にする日」をつくりたい

「わたしの日プロジェクト」とは、女性が「お母さん」という枠にとらわれず、「わたし」らしく前向きに生きられるよう、企業や商店など街全体でサポートしていこう、という取り組み。鯖江市では、毎月第二日曜日を「わたしの日」の推奨日とし、お母さんたちはプロジェクトに賛同した市内の商店などで割引や託児など特別なサービスが受けられます。

sabae_02_fin

左から、鯖江市のお母さん代表・酒井友希子さん、イラストエッセイストの犬山紙子さん、牧野百男鯖江市長、LIFULL FaMの秋庭麻衣代表、Francfrancの髙島郁夫代表。

プロジェクトを推進するのは、「鯖江市」と、不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」の運営などをはじめ、人々の毎日を豊かにする事業を多数展開する「LIFULL」。この日は同社を代表し、東京や鯖江市で働く女性たちの就労支援事業を行うLIFULL FaM秋庭麻衣代表が登壇、プロジェクトの意義について次のようにコメントしました。

「お母さんには365日休みがありません。女性が社会から求められる活躍の場は増え続けている一方で、いまだに“お母さんだから”“お母さんなのに”と、子育ては女性がするものという既成概念の中で語られることが多いのです。そして、産めよ、働けという、女性に対するプレッシャーばかりが高まっていますよね。

そこで女性が、『母の日』ではなく、自分自身を大切に思い、考えられる日があったらと考え、今回のプロジェクトにつながりました」 (秋庭代表)

女性の就業率全国トップクラス、鯖江市の次なる挑戦

sabae_03_fin

働くお母さんたちを支えるには「男性の長時間労働も解消していく必要がある」と語った牧野百男市長。

実は、鯖江市は女性の就業率が全都道府県で第一位(52.6%)の福井県の中でも、55.1%という高い水準を誇る町。日本のメガネ産業を支えるモノづくりの町でもあり、昔から女性たちの内職が街の産業を支えてきました。

鯖江市の牧野百男市長は「女性活躍を中心に50年100年後も持続的に発展し続ける鯖江市にしたい」と、その思いを語ります。

「若い女性から高齢者の女性まで生き生きと活躍している町として、昨年5月に行われた国連のSDGs推進会議でも発表させていただきました。SDGsでも、女性の活躍を中心に取り組んでいるのはおそらく国内では鯖江だけ。今後、『わたしの日』プロジェクトをきっかけに、女性の個性と能力を発揮できる町づくりに向け、世界に発信できるロールモデルを作っていきたいと考えています。

女性活躍といっても、鯖江の女性たちはもう十分にがんばっている。ですので、そんな女性たちを支える町づくりをしていきたいと思っています」

女性が誇らしく働くために社会や企業に必要なこと

応援に駆け付けたFrancfrancの髙島郁夫代表は、鯖江市の出身。小さい頃は自宅で母親がメガネの内職をしているのを見て育ったと言います。

sabae_04_fin

経営者の視点から女性と仕事を語ったFrancfrancの髙島郁夫代表。

「母は、1個いくらという認識はあっても、自分がファッション業界を支えているという意識はなかったでしょう。しかし、女性が仕事と家庭あるいは生活を結びつけるためには、職業と自分の位置づけをはっきりさせてあげることがとても大切だと思っています。

また、わが社で社内に託児所を作ろうという話が出たのですが、女性社員に聞いたら『満員電車に子どもを連れていけません』と言われました。企業目線ではなく、働く女性の目線で社会の中身を変えていくべきだと感じました」

誰にも理解されず、孤立する母親たち

自身も働くお母さんである犬山紙子さんは、お母さんが直面する「一番大きな問題が孤独」だと言います。

sabae_05_fin

イラストエッセイストの犬山紙子さん。

「その理由は4つあって、一つは性別の役割に対する固定概念。子どもを産んだとたん『私』から『母親』になってしまい、自分のことを考えてはいけないような空気があります。

もう一つが、負の連鎖。『私の時代はこう頑張ったんだから、あなたもやりなさい』という押し付けですよね。そして、理解の足りなさ。女性が育休をとるというと、周りから『休みでいいな』と言われてしまう。でも実際は、産後の満身創痍の体で、夜中も3時間おきに起きて授乳しないといけなくて、休むどころじゃないんですよね。最後が制度の不足で、男性の育休取得率が6%ということは、仕事と育児の両立がすべて女性の肩にのしかかっているということです。

そんな孤独の中でお母さんたちは自分を責め、人にSOSを出すこともできず、追いつめられて児童虐待につながっていくことも。とても深刻な状況です」

sabae_06_fin

自身の子育ての経験を交えながら話してくれた。

寄り添うことで、その先に見えるもの

犬山さんの意見には、鯖江市の働くお母さん代表の酒井友希子さんも賛同。

「本当に、子育てってすごく孤独ですよね。結婚したら夫のため、出産したら子どものためばかりを考えていて、自分のための時間を忘れてしまいます。それでつらくなっても、誰にも悩みを伝えることができないんです」

sabae_07_fin

鯖江市で事業を起こした酒井友希子さん。

「『わたしの日』とは、公的にお母さんが“私”について考えていいんだよ、というメッセージ。制度を整えたり、保育園をたくさん作ったりというハード面も重要ですが、お母さんたちの罪悪感を取り除く、精神的に寄り添う機会が日本には少なすぎると思います」(秋庭代表)

sabae_08_fin

自身も働く母である秋庭麻衣代表。

「その通りですね。私は、令和は“寄り添いの時代”だと思っています。母親にはまだ、自分のために何をするにも大義名分が必要です。それが、『わたしの日』があることで、母親じゃなくて私でいていいんだと寄り添ってもらえるのはうれしいですよね。その日一日、自分として楽しんで、『そういえば私はこれが好きだったな』と気づくことで、その先に見えてくるものがあるはずです」(犬山さん)

鯖江から世界へ。鯖江市の挑戦が、これからどのように発展し、実を結んでいくのか、私たちも追いかけ続けたいと思います。

sabae_09_fin

プロジェクトに賛同する鯖江市のタイ古式マッサージ店「アジアンリラックス ワイテァ」。「わたしの日」にはスタッフによる託児サービスを用意。「これをきっかけに、鯖江の女性がより元気になってくれたらうれしいです」と店長。

sabae_10_fin

会見後には、LIFULL FaM主催で、お母さんたちが自分のやりたいことを考えるワークショップも開催。秋庭さんの「女性の活躍は仕事だけじゃない。育児や家事でがんばってきたことも立派なキャリア」という言葉が印象的だった。

LIFULL
お母さんに限らず、あらゆる人が無限の可能性の中から自分の生きたいLIFEを当たり前に実現できる社会を目指して「しなきゃ、なんてない。」をテーマに様々な事業やプロジェクトを推進。ダイバーシティやウェルビーイングなどの社会的なテーマやSDGsに、積極的に取り組んでいる。生き方の枠を超えて自分らしい人生へと踏み出す人を応援するオウンドメディア「LIFULL STORIES」を公開中。

取材・文/中島理恵、撮影/TAWARA(magNese)

パートナーシップのあり方は様々。夫婦別姓ってどう思う?

結婚したとき、夫婦同姓になることについてどう思っていますか? 夫婦別姓がいい、どちらでもかまわないなど、みんなの意見をお聞きします。

https://www.mashingup.jp/2019/06/partnership_vote.html

▼ Sponsored

「ロールモデル」は本当に必要? 新時代のキャリアの築き方

副業が解禁されるなど、多様な働き方をしている人が増えている現代。働き方のロールモデルって、必要なのでしょうか。ユニークな働き方を実現している4名に聞...

https://www.mashingup.jp/2019/07/persol_report.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
中島理恵
ライター・エディター。埼玉県出身、広島県在住。編集プロダクション、出版社勤務を経てフリーランスへ。旅、食、建築、インテリア、ビジネス、育児、動物など多岐にわたる記事の執筆・編集、翻訳などを手がける。3児の母。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。