1. Home
  2. Social good
  3. AIやロボットと暮らす未来。創造的に生き、幸せに人生をまっとうするヒント

LIFE after 2045/シンギュラリティと私の未来

AIやロボットと暮らす未来。創造的に生き、幸せに人生をまっとうするヒント

2045_12_2

2045年、人工知能(AI)と人間の能力が逆転する「シンギュラリティ(技術的特異点)」を迎えたら、私たちの仕事や暮らしはどう変わる? 前回に引き続き、“シンギュラリティと私たちの未来”について、文化・教育アドバイザーの下村今日子さんとITジャーナリスト林信行さんが、過去11回の連載を振り返ります。

考えること・教えること(谷川じゅんじさん)

林信行(以下、林)◆子供の教育に関する「問い」の話題が面白かった。

下村今日子(以下、下村)◇そう! 「虹はどうして7色なのか?」と問われたらどうする、というエピソードですね。最上級の答えが「それを調べて教えてくれたら、お父さん、すごく嬉しいよ!」であると。

これと関連して、じつは数年前からアメリカでは「EdTech(EducationとTechnologyを合わせた造語)」のための最新教育システム「AltSchool」が、Googleの元社員エンジニアによって開設され、ちょっとしたブームになりました。早い話が、各生徒の能力に最適化された手段で、AIが子どもに勉強を教えてくれるシステムです。

ところが今、その「AltSchool」の生徒が激減している。その理由を訊くと「けっきょく子供は褒められたくて勉強する」のだと。とくに10歳ぐらいまでの子どもたちは、自分の好きな先生や親が「すごいじゃない!」って褒めてくれるから勉強する。機械が相手では、その部分が満たされないのです。

林◆特に幼児の段階では、人間との触れ合いが重要でしょうね。かたや文部科学省はさる6月25日、小中高校や特別支援学校の教育にビッグデータや先端的な情報通信技術を活用する計画を公表しました。でも「多様化する子供の個性に合わせた指導」が「児童生徒1人につき1台の教育用パソコンやタブレットが利用できる環境を整備する」というのは、はたして正解なのか? ビッグデータを使って画一的な子どもしか育たなかったら、本末転倒ですよね。

「未来に対する不安」を払拭するには/谷川じゅんじさん[前編]

次世代の未来に遺すべき価値観を探る連載第7回目は、スペースコンポーザーの谷川じゅんじさん。シンギュラリティのマイナスイメージを払拭するためのヒントは...

https://www.mashingup.jp/2019/03/singularity7_1.html

先端テクノロジーを享受して、何を生み出せる?/谷川じゅんじさん[中編]

スペースコンポーザーの谷川じゅんじさんを迎え、「物質から心へ」「都市から地方へ」といった、昨今のカウンター的なムーブメントの背景に迫ります。

https://www.mashingup.jp/2019/03/singularity7_2.html

怪しい情報に踊らされない人生を歩むには?/谷川じゅんじさん[後編]

未来を切り拓くための連続インタビュー[LIFE after 2045]。スペースコンポーザー谷川じゅんじさんが考える、「ポジティブな未来像」を思い描...

https://www.mashingup.jp/2019/03/singularity7_3.html

AIは伝統を受け継ぐか?(三浦亜美さん)

林◆「日本の伝統産業をAIで残す」、素晴らしい取り組みですよね。その一方で悩ましいのは、前回触れたように「調理ロボットの作業風景を見せるべきか、隠すべきか?」の議論にも通じるところがあって、やはり「人間の技や匠」が前面に出ている商品のほうが、AIが伝統技術を継承して生産した商品よりもブランド力があるような気がしません?

_01_0020

下村◇ただし今後、日本における匠の技を継承する人間は明らかに減っていく。私が三浦さんの試みを評価したい点はそこです。日本の総人口も減り、旧来的な日本独自の生活様式も壊れてゆくなかで、職人の技術で生計を立てられなかったり、後継者のいない匠は少なくありません。

だけど、職人さんたちはその知恵やノウハウを文章に書いて残したりしない。そうすると、彼らの知恵を今きちんと記録に残しておかないと、仮に将来「自分が復活させたい」という人材が現われたとしても、資産の継承ができない。それを「AIに覚えさせる」のは、ある種のアーカイブとしての意義があると思います。

AIは「伝統産業のアップデート」の一手段/三浦亜美さん[前編]

日本酒の醸造過程にAIの導入を実施しているima(あいま)の三浦亜美さんが話す、伝統産業とテクノロジーのマッチングとは?

https://www.mashingup.jp/2019/04/singularity8_1.html

「AI酒」は職人と職人の間をつなぐメディア/三浦亜美さん[中編]

シンギュラリティ連載、ima三浦亜美さんの回。後継者不足などが囁かれている「酒造り」の再生と、復興を賭けた「AI酒」の試みについて。

https://www.mashingup.jp/2019/04/singularity8_2.html

「AI酒」や「AIアート」が当たり前の世界になる/三浦亜美さん[後編]

株式会社ima三浦亜美さんが思う、「AIを社会実装することの可能性」とは? 三浦さんおすすめの本もご紹介します。

https://www.mashingup.jp/2019/04/singularity8_3.html

ロボットと暮らす(林要さん)

下村◇LOVOTには、開発者である林要さんの人柄が反映されていますね。そしてLOVOTが画期的なのは「ユーザーがロボットを自発的に触ったり抱っこしたりして可愛がらないと、懐いてこない」という、ややこしいところです。

林◆LOVOTの話を聞いて僕が連想したのが、今から約10年前、ドミニク・チェンと遠藤拓己が「ディヴィデュアル」というユニットを組んで運営していた「リグレト」というコミュニティサイトです。誰かが仕事で失敗して落ち込んでいると、周囲の人たちが「そんなことでくよくよするなよ」「みんなよくやっていることだよ」って慰めてくれる。

その「リグレト」を使っていくうち気づくのは「一番慰められているのは、じつは慰めている側の人たちである」ということ。LOVOTもまた、それに愛着を感じる側の人間味をさりげなく引き出してくれるのです。

下村◇やはりLOVOTのルーツには、やはり『鉄腕アトム』や『ドラえもん』のような、もともと人に寄り添うロボットが、日本人の意識の根底にあるような気がする。

林◆たしかに西洋人のロボット観って、たとえばユダヤ教に出てくる泥人形「ゴーレム」みたいなものがルーツにあることが多いので、ご主人様の命令だけを実行する忠実な召し使い、みたいな感じですね。

下村◇日本では、ロボットは友達です。いまや世界中の人が、日本のマンガに興味を示しますが、それはヒューマニティが根底にあるからでしょう。これがアメコミだと、正悪の対立みたいな構図になってしまう。そういう意味では、日本のマンガやアニメが世界中の子どもたちの情操教育に役立つように、LOVOTもポジティブなロボット・イメージを世界に知らしめる格好のツールかもしれませんね。

テクノロジーは本当に人類を幸せにしたのか?/林要さん[前編]

役に立たないのに愛着がわいてくるユニークな家族型ロボット『LOVOT[らぼっと]』。開発者・林要さんの考える、現代人の心の隙間を埋めてくれるテクノロ...

https://www.mashingup.jp/2019/04/singularity9_1.html

LOVOTは「愛する機会」を与えてくれるロボット/林要さん[中編]

家族型ロボット『LOVOT[らぼっと]』の開発者が考える、LOVOTのいる未来の暮らしって? GROOVE X 林要さんのインタビュー中編です。

https://www.mashingup.jp/2019/04/singularity9_2.html

「あたたかい未来」がくるのが僕の予想/林要さん[後編]

明るい未来を切り拓くための連続インタビュー[LIFE after 2045]。GROOVE Xの林要さんに聞いた、先端テクノロジーが後押しする“あた...

https://www.mashingup.jp/2019/04/singularity9_3.html

AIは、よき相棒になる?(徳井直生さん)

林◆徳井さんが音楽上のパートナーとして育成している「AI DJ」が、ときどき突拍子もない選曲を示すという話って、LOVOTのちょっと抜けている仕草とも共通点がありませんか?

下村◇私はよくスマホで、オセロや将棋、麻雀などのゲームアプリで遊ぶことが多いのですが、最初は勝てるけれど、少しレベルアップするとすぐ負けちゃう。でもそこで「どうせ人間はAIには勝てないんだ」って無力感を持ってはダメだと思います。だから、AIを利用するにしても、できるだけ無力感を感じさせない方向に発展してほしい。

_02_0298

林◆徳井さんの回で興味深かったのは、自動生成された音楽の出来映えをAIがだんだん評価できるようになってきた点。じつは僕は、その「AIが評価を下す」ことには反対派でした。ところが先日、ちょっとしたワークショップで発見があったのが、女性のメイクの話です。

いまや女性のメーキャップもAIが最適解を出せるようになった。だけど女性たちはAIの指示どおりのメイクをし終わった後で「これ、ちょっと違うかも?」って微調整するそうです。僕はそれでいい気がする。AIはとりあえずの(最適解である)叩き台を作り、そこから微調整して自分好みにする。そのようなAIと人間の協働関係を「ケンタウロス」と呼ぶこともあります。

下村◇まさしくVol.4 久保友香さんの回の「同じようなギャルメイクも日々刻々進化してゆくので、なかなかAIには追いつけない」という話に繋がりますね。整形は(固定化されてしまうので)ダメだ、という意見もありました。

林◆たぶんAIを噛ませることで、ベースになるメイクのスキルはものすごくボトムアップされる。そのうえで、各人の好みの多様性が加味される。これもある意味、コンバージェンスとダイバージェンスが同時に起きているケースでしょう。

AIが芸術を評価する時代がやってくる/徳井直生さん[前編]

人工知能(AI)と作品づくりを実践しているQosmo/慶応義塾大学(SFC)准教授、徳井直生さんの考える「AIとのコラボレーション」のあり方は?

https://www.mashingup.jp/2019/05/singularity10_1.html

自分の分身をAIでつくる「AI DJ」の魅力/徳井直生さん[中編]

人工知能(AI)はツールだけでなく、協働するパートナーになりうるか? 実際にAIとコラボレートして表現活動を行っている徳井直生さんに、AIとのつきあ...

https://www.mashingup.jp/2019/06/singularity10_2.html

AI時代のクリエイティビティはサーフィンだ!/徳井直生さん[後編]

シンギュラリティを考える連載[LIFE after 2045]後編。Qosmo 徳井直生さんに聞いた「2045年のクリエイティビティ」のあり方は?

https://www.mashingup.jp/2019/06/singularity10_3.html

未来の「死」は変わる?(福原志保さん)

下村◇福原志保さんは、ヒトのDNAを樹木に移植するプロジェクト『バイオプレゼンス(Biopresence)』を2004年に発表しましたが、実際に人間の記憶や意識をデータとしてコンピュータ上にアップすることは実現するでしょうか?

林◆いや、現段階では難しいでしょう。頭の中で考えていることを視覚的に表示する研究はありますが、それもまだ解像度が全然低いレベルだし、意識や記憶をデータ化するのは、まだまだ先の話ですね。

ただ、死生観という観点でいうと、(Vol.5で石川善樹さんが紹介していた是枝裕和監督の映画『ワンダフル・ライフ』のエピソードとも関連しますが)死後、自分が一番大事にしていた思い出や価値観も同時に消失してしまうとしたら、それはとても悲しい。たぶんそれは、今日子さんが特に思い入れのある伝統工芸が、ある日なくなってしまったら悲しいのと同じような意味で。

最近の環境系のフレーズで言うと「Cradle to Cradle」つまり「ゆりかごから墓場まで」じゃなくて「ゆりかごから次のゆりかごまで」という循環を作るように、自分が大切にしてきたミームをいかに後世に継承するかは(意識や記憶のデータ化とはまた別の次元で)追求すべき課題だと思います。

下村◇死は、デリケートな問題で難しいですよね。リアルな遺伝子情報が継承されるよりも、もっと本来的な……たとえば、多くの日本人が備えている死生観や無常観のように「精神性」の部分が残されて継承されてゆけば、DNA自体は消滅しても、そこまで喪失感を覚えることはないのかもしれません。あくまでも、仮定ですがね。[了]

未来において「死」の概念は変わるのか/福原志保さん[前編]

未来は「死」のあり方も変わるのだろうか。遺伝子を樹木に埋め込んで新たな墓標を提供する作品などを手がけたアーティスト福原志保さんに、未来の死生観を聞き...

https://www.mashingup.jp/2019/07/singularity11_1.html

死後の「自分」を考えたことはありますか?/福原志保さん[中編]

2045年、人工知能(AI)と人間の能力が逆転する「シンギュラリティ(技術的特異点)」を迎えたら、私たちの仕事や暮らしはどう変わる?バイオアートの第...

https://www.mashingup.jp/2019/07/singularity11_2.html

人の“想い”を未来に伝えていくには/福原志保さん[後編]

明るい未来を切り拓くための連続[LIFE after 2045]。バイオアーティスト福原志保さんに聞いた、“想い”を未来に継承してゆくためのヒント。

https://www.mashingup.jp/2019/07/singularity11_3.html

下村今日子(しもむら きょうこ)さん/文化・教育アドバイザー
早稲田大学大学院公共経営研究科修士課程修了。教育や文化関連団体から、伝統工芸士からアーティスト、クリエーターまで幅広くサポートを行っている。創造の育成塾顧問、グローバルクラスメートアドバイザー、カルチャービジョンジャパン顧問、シンギュラリティナイト主催、他多数。アイスランド氷河クライミングなど、冒険家としての顔も持つ。

林信行(はやし のぶゆき)さん/ITジャーナリスト
1967年生。テクノロジーやデザイン、アートにファッション、教育や医療まで幅広い領域をカバーし取材、記事やTwitter、FBで発信。欧米やアジアのメディアで日本のテクノロジー文化を紹介するなど、海外でも幅広く活動している。ifs未来研所員/JDPデザインアンバサダー、著書多数。

聞き手/MASHING UP編集部、撮影/中山実華、構成/木村重樹

▶前編はこちら

「シンギュラリティ」って結局なに? ……で、人類はどう生きる?

文化・教育アドバイザーの下村今日子さんとITジャーナリスト林信行さんに聞いた、“シンギュラリティと私たちの未来”について。

https://www.mashingup.jp/2019/07/singularity12_1.html

▶中編はこちら

食、仕事、出産、アイデンティティ。専門家たちが予想する本当の未来とは?

各界の有識者が語るシンギュラリティとは?MASHING UPの連載を下村今日子さんと林信行さんが振り返ります。

https://www.mashingup.jp/2019/07/singularity12_2.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
MASHING UP編集部

    LIFE after 2045/シンギュラリティと私の未来

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。