1. Home
  2. Wellness
  3. 今こそ「ドラッカー」を再読する/水谷伸吉氏の#stayhomehack

明日を変える#stayhomehack

今こそ「ドラッカー」を再読する/水谷伸吉氏の#stayhomehack

stayhomehack_mizutani2

社会の牽引者たちは今、家でどんなインプットを行っているのか?

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自宅で過ごす時間が増えつつあるなか、コロナ後の活動に向けた準備期間に充てている人も多いだろう。

「人生の岐路に立ったときに勇気づけられた」「キャリアやイノベーションを考える上でヒントになる」本やコンテンツを、MASHING UPにゆかりのある人々に教えてもらった。

ピーター・F・ドラッカー『非営利組織の経営』

日本の森づくりをベースとした国産材プロダクトのプロデュースのほか、熱帯雨林の再生活動、カーボンオフセット、ツーリズム、被災地支援も手掛ける一般社団法人モア・トゥリーズ。事務局長の水谷伸吉氏は、「非営利組織」の運営に関する本の再読に集中しているという。

終わりの見えないアマゾン火災から、森とわたしたちの関係を考え直してみた

わたしたち人間と森林のちょうどいい関係って? 今、あらためて考えてみようと、モア・トゥリーズ事務局長の水谷伸吉さんにお話しを伺った。

https://www.mashingup.jp/2019/09/sdgs_forest.html

水谷氏が挙げたのは、ピーター・F・ドラッカー『非営利組織の経営』(ダイヤモンド社刊)。

「マネジメントの父」ともいわれるピーター・F・ドラッカーが非営利組織に言及した著書です。NPOに限らず、教育機関や病院、労働組合などにも応用できる名著。出版は2007年ですが、決して内容は風化していません。何度読み返しても身になる一冊です。(水谷氏)

起業をめざす人や、経営の道を歩む人に今もなお多大な影響を与え続ける、現代経営学の祖、ピーター・F・ドラッカー。目標管理や事業部制など、今や当たり前となった経営概念を世に提唱した人物だ。

ドラッカーは、企業経営のみならず、早いうちから非営利組織(NPO)の台頭を予告。『非営利組織の経営』では、その衰退を防ぐ方策にも言及している。

リーダーのすべき役割から、逆にしてはならないこと。ミッションの具体化や見直し、戦略の立て方など、営利を目的にしないからこそ大切になるマネジメントの手法・哲学がコンパクトにまとめられている。

もう一冊、リチャード・P・チェイト他著『非営利組織のガバナンス──3つのモードを使いこなす理事会』(英治出版刊)もおすすめ。風通しのよい非営利組織をつくるための具体的な教科書だ。

▼ Sponsored

コロナ後を自ら創る。Unchainedがラディカルに描く未来の社会/小林弘人 ✕ 菊池紳

ポストコロナ時代をどう生き抜くか。世界が変わるのをただ待つのではなく、望む方向に社会をリードしていく重要性を2人のキーパーソンに聞いた。

https://www.mashingup.jp/2020/04/unchained.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
MASHING UP編集部

この記事に関連する人

    明日を変える#stayhomehack

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。