1. Home
  2. Work
  3. 「MASHING UP SALON」スタート!/5月27日は「サーベイから考える働く意味と働き方」

MASHING UP SALON

「MASHING UP SALON」スタート!/5月27日は「サーベイから考える働く意味と働き方」

onlinesalon0527

MASHING UPが、2020年2月に、OECD東京センターの協力を得て実施した「働き方」に関するサーベイ。日本型雇用、男性育休、転職に対するおよそ1100人の意識が浮き彫りになりました。

いま、新型コロナウイルスの感染拡大により、私たちはこれまでにないスピードで「働き方」の変革を迫られています。

自宅から働く、こどもがいるなかで働くなど「with コロナ」環境は、私たちの意識をどのように変えたのでしょうか。

OECD東京センター所長の村上由美子さん、ONE JAPAN共同発起人・共同代表の濱松誠さん、&Co.,Ltd. 代表取締役 / Tokyo Work Design Weekオーガナイザーの横石崇さんをゲストに迎え、1時間のトークセッションをお送りいたします。

これからの組織は?働き方は?労働市場は? グローバルな視点と読者のリアルな声と。未来の働き方を様々な視点から一緒に考えてみませんか。


サロンへの参加フォームに入力いただいた方には、今後、イベント情報や新着記事などをご紹介するMASHING UPのメールマガジン(月2、3回)をお届けします。たくさんの方のご参加をお待ちしております。

MASHING UP SALON第2回
働く意味と、これからの働き方と。OECDコラボサーベイから見えたこと

日時:2020年5月27日(水)19:00-20:00
開催方法:ZOOM開催(お申込みいただいた皆様に、参加URLをお送りします)
参加費:無料
詳細・お申込みは:こちらのリンク(ZOOMイベント申し込み登録)から
ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。

スピーカー情報

Yumiko-MURAKAMI

村上 由美子さん(OECD東京センター所長)
上智大学外国語学部卒、スタンフォード大学院修士課程(MA)、ハーバード大学院経営修士課程(MBA)修了。その後約20年にわたり主にニューヨークで投資銀行業務に就く。ゴールドマン・サックス及びクレディ・スイスのマネージング・ディレクターを経て、2013年にOECD東京センター所長に就任。OECDの日本およびアジア地域における活動の管理、責任者。政府、民間企業、研究機関及びメディアなどに対し、OECDの調査や研究、及び経済政策提言を行う。ビジネススクール入学前は国連開発計画や国連平和維持軍での職務経験も持つ。ハーバード・ビジネススクールの日本アドバイザリーボードメンバーを務めるほか、外務省、内閣府、経済産業省はじめ、政府の委員会で委員を歴任している。著書に「武器としての人口減社会」がある。

makoto_hamamatsu

濱松 誠さん(ONE JAPAN共同発起人・共同代表)
1982年京都生まれ。2006年パナソニックに入社。海外営業、人事、ベンチャー出向を経て、2018年パナソニックを退職。 在職中、本業の傍ら、人材・組織活性化をねらいとした有志の会「One Panasonic」を立ち上げる。2016年、トヨタ自動車やNTTグループなど大企業の同世代で同じ課題意識を持つ有志を集め「ONE JAPAN」を設立、代表に就任。現時点で54社・1500名が参画。価値づくり(共創)、人づくり、空気づくり(意識調査・提言)に取り組む。 日経ビジネス「2017年 次代を創る100人」に選出。 ONE GLOCAL社外アドバイザー。 2019年6月から約1年間、夢だった夫婦で世界一周の旅を実現。現在は起業準備中。

Takashi_Yokoishi_1-1

横石 崇さん(&Co.,Ltd. 代表取締役 / Tokyo Work Design Weekオーガナイザー)
1978年、大阪市生まれ。多摩美術大学卒業。広告代理店、人材コンサルティング会社を経て、2016年に&Co., Ltd.を設立。ブランド開発や組織開発をはじめ、テレビ局、新聞社、出版社などとメディアサービスを手がけるプロジェクトプロデューサー。また、「六本木未来大学」アフタークラス講師を務めるなど、年間100以上の講演やワークショップを行う。毎年11月に開催している国内最大規模の働き方の祭典「Tokyo Work Design Week」は3万人の動員に成功。法政大学キャリアデザイン学部兼任講師。鎌倉のコレクティブオフィス「北条SANCI」支配人。代官山ロータリークラブ会員。米国ビジネス誌「FAST COMPANY」をはじめ国内外でアワード受賞。著書に『これからの僕らの働き方』(早川書房)、『自己紹介2.0』(KADOKAWA)がある。


▼ Sponsored

笑う門には福来る。幸せの「ひとかけら」を演出するために/モルソー店主 秋元さくらさん

「一期一会ではなく、お客様の人生に寄り添える仕事がしたい」と、CAから料理人へ転身した秋元さくらさん。つねにチャレンジを続けるその原動力について話を...

https://www.mashingup.jp/2020/05/citizen_xc_basiccollection_5.html

コロナ後を自ら創る。Unchainedがラディカルに描く未来の社会/小林弘人 ✕ 菊池紳

ポストコロナ時代をどう生き抜くか。世界が変わるのをただ待つのではなく、望む方向に社会をリードしていく重要性を2人のキーパーソンに聞いた。

https://www.mashingup.jp/2020/04/unchained.html


  • facebook
  • twitter
  • hatena
MASHING UP編集部

この記事に関連する人

    MASHING UP SALON

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。