1. Home
  2. Wellness
  3. 放送大学で新しいスキルを身につける/笹原明代氏の#stayhomehack

明日を変える#stayhomehack

放送大学で新しいスキルを身につける/笹原明代氏の#stayhomehack

shh_02

社会の牽引者たちは今、家でどんなインプットを行っているのか?

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、自宅で過ごす時間が増えつつあるなか、コロナ後の活動に向けた準備期間に充てている人も多いだろう。

「人生の岐路に立ったときに勇気づけられた」「キャリアやイノベーションを考える上でヒントになる」本やコンテンツを、MASHING UPにゆかりのある人々に教えてもらった。

オンラインで学べるという利点

text

読売新聞東京本社の調査研究本部で、セミナー事業などを企画している笹原明代氏。働きながら大学院に通い、修了した今春すぐさま放送大学に編入。今は学部生として学んでいるという向上心が強い人だ。

大学院の修論のテーマは「仕事と家庭の両立について」。これを通じてセカンドキャリアとして、悩みを抱えた女性の支援ができたらと思い、放送大学で心理学を学びはじめました。(笹原氏)

放送大学は、テレビやラジオ、オンライン授業がベース。今の状況に合っているうえ、カリキュラムがシステマチックで自分のペースで学べるのがいいと笹原氏。

もちろん、読書も最近のおきにいりだ。

book

須賀敦子、倉橋由美子、白洲正子、幸田文、高峰秀子、森茉莉……と、古びない落ち着いた品のある文章の作家が好きです。コロナのニュースで気持ちがささくれがちな時、ゆったりした気持ちになれます。(笹原氏)

ほかにも、マスクを作ったり、パンを焼くなどの手仕事や断捨離など、いわゆる「家仕事」をすることで、精神的にも楽になってきたと話す。

不安やストレスが溜まりやすい時期、積極的に学んでみたり、作業をこなしたりするのは効果があるようだ。

▼ Sponsored

コロナ後を自ら創る。Unchainedがラディカルに描く未来の社会/小林弘人 ✕ 菊池紳

ポストコロナ時代をどう生き抜くか。世界が変わるのをただ待つのではなく、望む方向に社会をリードしていく重要性を2人のキーパーソンに聞いた。

https://www.mashingup.jp/2020/04/unchained.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
MASHING UP編集部

この記事に関連する人

    明日を変える#stayhomehack

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。