1. Home
  2. Work
  3. コロナ禍のこどもと親が孤立しないために/半澤絵里奈氏の#stayhomehack

明日を変える#stayhomehack

コロナ禍のこどもと親が孤立しないために/半澤絵里奈氏の#stayhomehack

stayhomehack_

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、自宅での時間をコロナ後の活動に向けた準備期間に充てている人も多いだろう。

だが、なかには今だからこそ、stay homeしつつもアウトプットに注力している人もいる。cococolor編集長の半澤絵里奈氏もそのひとりだ。

こどもと学ぶ、おうちチャンネル

kid

こどもと学ぶ、おうちチャンネル

電通ダイバーシティ・ラボでダイバーシティ&インクルージョン領域のプロジェクトプロデュースを手がけ、多様性をテーマとするウェブマガジンcococolorの編集長を務める半澤氏。そんな彼女が、プロボノ(社会貢献)として参画しはじめたのが「こどもと学ぶ、おうちチャンネル」だ。

「こどもと学ぶ、おうちチャンネル」では、新型コロナウイルス感染症の影響を受けながらこどもに向き合う人たちが少しでもラクになるように、多様な視点からお役立ち情報を掲載しています(半澤氏)。

具体的には、無料のオンライン学習コンテンツの学齢別リストや、他の家庭がどうしているのかといったインタビュー記事、1週間のまとめとして5分で読める「週刊おうちニュース」の配信など。現在はプロデュース兼編集として関わりながら、コロナ禍におけるこどもや親たちを積極的に支援している。

CancerX

CancerX

また、半澤氏が代表理事を務める、がんと言われても動揺しない社会を実現することを目的としたプロジェクトCancerXでは、COVID-19に影響を受けるがん領域の医療従事者と、がん患者のためのオンラインイベントを実施。さらに社内でも、グループを含めた全社を対象にコロナウイルスに関連する多様な情報をまとめるキュレーションチャンネルを仲間と共に始めている。

こんなときだからこそ忙しく日々を送る半澤氏だが、心理的安全性を保つために数独にも取り組んでいるとのこと。 新型コロナウイルスに関するさまざまな活動に取り組んでいる分、 「恐怖感が強くなるようなニュースからしばし離れ、一見無駄に思える時間をもつことも大切にしている」とのことだ。

▼ Sponsored

笑う門には福来る。幸せの「ひとかけら」を演出するために/モルソー店主 秋元さくらさん

「一期一会ではなく、お客様の人生に寄り添える仕事がしたい」と、CAから料理人へ転身した秋元さくらさん。つねにチャレンジを続けるその原動力について話を...

https://www.mashingup.jp/2020/05/citizen_xc_basiccollection_5.html

コロナ後を自ら創る。Unchainedがラディカルに描く未来の社会/小林弘人 ✕ 菊池紳

ポストコロナ時代をどう生き抜くか。世界が変わるのをただ待つのではなく、望む方向に社会をリードしていく重要性を2人のキーパーソンに聞いた。

https://www.mashingup.jp/2020/04/unchained.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
中島理恵
ライター・エディター。埼玉県出身、広島県在住。編集プロダクション、出版社勤務を経てフリーランスへ。旅、食、建築、インテリア、ビジネス、育児、動物など多岐にわたる記事の執筆・編集、翻訳などを手がける。3児の母。

この記事に関連する人

    明日を変える#stayhomehack

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。