1. Home
  2. Fashion
  3. 「3D・CGスキーム」の力! 余剰在庫と生産工数を減らすサステナブルな服づくり

mu_lifestyle

「3D・CGスキーム」の力! 余剰在庫と生産工数を減らすサステナブルな服づくり

「いいモノ」であるだけでなく、それらを入手することで社会に少し貢献できたり、わたしたちをちょっとエンパワーしてくれたりする。そんなすてきなアイテムを紹介するコーナー「mu_lifestyle」

今回は、サステナブルな服づくりに貢献する新システム「3D・CGスキーム」

現物サンプルを3D・CGで表現できる

アパレル業界において問題視されているものの1つが、余剰在庫や衣類廃棄量。少し前の統計になるが、独立行政法人 中小企業基盤整備機構調べによれば、2018年の日本国内における衣類廃棄量は年間約100万トン。枚数換算すると33億着にのぼるという。

この余剰在庫問題の解決の糸口となるシステムが、三菱商事ファッション株式会社からリリースされた。

「3D・CGスキーム」といい、CAD(コンピュータによる洋服の型紙設計)を起点に、3Dモデリング、生地スキャン、CG技術を連携させることで、現物サンプル作成のプロセスを削減できるスキームだ。

リアルな3D・CGサンプルで、在庫負担軽減を目指す

アパレル商品の生産工程では、商品企画の決定まで複数回の現物サンプル作成プロセスを経て、デザイン・シルエット・色目などの確認が行われる。企画決定後、ブランドは需要予測をもとに商品を見込み発注するため、各社とも在庫を抱えることになる。

20200819_mitsubishi_1

この3D・CGスキームでは、これまでアパレル業界で実験的に導入されてきた3Dモデリングに、異業種で利用されている機器を組み合わせ、独自の方法で生地のスキャニング、CG制作を連携させた。これにより、アパレルにCGは不向きと言われていた一因である、生地の微妙な風合いなどの表現の感度を磨き上げ、現物に近い商品のイメージを画面上にバーチャルに表現することが可能に。

よって現物サンプル作成の手間が省けるほか、現物写真と同等のカタログやEC用CGを作成することができるため、カタログやEC事業者は商品を作らず先行受注も可能となり、見込み生産を回避し、在庫の軽減に寄与できるのだ。

20200819_mitsubishi_2

服づくりには、デザイン決定までの確認サンプル、展示会サンプル、撮影用のモデルサンプルなど、多くの現物サンプルが必要とされる。3D・CGスキームは、こういった生産工程上の無駄の削減、効率化への一助となるし、それに伴い、コストダウンも実現できる。サステナブルなモノづくりに貢献する、画期的なシステムに期待したい。

三菱商事ファッション株式会社

電話:03-6757-2915(担当・山口氏)

▼ Sponsored

今できなくても、やりたいことの種火は心に灯し続けて/料理家 ワタナベマキさん

グラフィックデザイナーから料理家と転身したワタナベマキさん。おばあさまやお母さまから受け継いだ料理の奥深さ、そして現在を生きる女性に伝えたい料理の楽...

https://www.mashingup.jp/2020/08/citizen_xc_hikari_6.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
多田亜矢子
編集&ライター。2006年、マガジンハウスに入社。雑誌『Hanako』『GINZA』編集部に勤務し、ビューティ、ファッション、グルメなどを担当。現在はフリーランスとして「Hanako.tokyo」や「FUDGE.jp」などで活動中。

    mu_lifestyle

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。