1. Home
  2. Work
  3. チャレンジしたのは、自社サービスに愛があったから/アドビ株式会社 秋田夏実さん

インタビュー/働くあなたに伝えたいこと

チャレンジしたのは、自社サービスに愛があったから/アドビ株式会社 秋田夏実さん

career_interview(7)

東京大学経済学部を卒業後、メガバンクへ就職してから金融業界で活躍してきた秋田夏実さん。その間に、米・ノースウェスタン大学 ケロッグ経営大学院でMBAを取得、3人の子どもを育てるなど、ハードな時期も乗り越えてきた。

現在はアドビ株式会社でバイスプレジデントを務め、マーケティングや広報全般を統括している。 輝かしいキャリアのなかで、転機となったタイミングや、大変だった時期、仕事で大切にしていることなどを聞いた。

秋田夏実(あきた・なつみ)
アドビ株式会社 マーケティング本部 バイスプレジデント。東京大学経済学部卒業。1994年メガバンク入行。その後、米・ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院にてMBA取得。帰国後、新生銀行、HSBC、シティバンク、マスターカード等を経て2017年アドビ入社。18年、バイスプレジデントに就任。

友人の医師に「失敗しても死ぬわけではない」と言われ、ハッとした

4O3A0966-2

大学卒業後に日本のメガバンクに総合職として入ったとき、同期は男性が250名、女性が6名。他に願書を出したシンクタンクでは、「女性は採用していません」と面接すらしてもらえなかったこともありました。

まだまだ女性の社会進出に対する風当たりが強い時期でしたが、そう見られていたとしても、誰よりも働いて成果を出していればいい、自分が成長すればいい、と考えていたのです。そんな風に気持ちを張りつめていたので、いつでも「絶対に失敗できない」という想いで仕事をしていました。そんなある時、金融機関でマーケティングのキャンペーンに多額の予算を使うことになり、責任がとても重くのしかかってきたのです。自分にとって大きなチャレンジだったこともあり、とても焦っていました。

そんなとき、医師の友人に「失敗したら誰かが死ぬのか」と言われて、ハッとしました。

「自分は医師として、失敗すれば人を死なせることがあり、それは取り返しがつかない。あなたの場合は、誰も死なないのだから取り返すチャンスがある。思いつめる必要はないよ」

失敗することで、もしかしたらクビになるかもしれない。周囲に迷惑をかけることにもなる。でも、生きている限り、それをやり直したり、取り返したりするチャンスがあるはず。そう思ったら、とても楽になりました。失敗しても、むしろ学ぶこともあるはず。無駄にはならないし、それで終わりではないのですよね。

乳児を抱えた時期に、長男の受験が訪れて

キャリアを振り返ってもっとも大変だったのは、3人目の出産と長男の中学受験が重なったときです。長男が、どうしても受験がしたいといい、塾では「お母さんが伴走することが大切です」と言われる……。長男には「仕事を辞めた方がいい?」と聞いたのですが、そう思っているわけではないと言うのです。ただ、夏休みの2か月、勉強をしっかり教えてほしい。それが彼の希望でした。

そこで、出産前後の産休期間を使って、彼の勉強をサポートしました。その後も、乳児と幼児、受験生を抱えて働くことはハードでしたが、受験が無事終わると、長男も子育ての戦力になってくれたのです。長男は現在、高校一年生。保育園の送り迎えも協力してくれて、今我が家は、大人が3人いるような状態です。

4O3A0860-2

アドビに入ったのは、その翌年。エージェントから声をかけていただいたときには、「IT企業」だと聞いて無理ではないかと考えましたが、その企業がアドビと聞いてぜひやりたいと思いました。金融と全く別の業界にチャレンジした理由の一つに、アドビ製品をずっと使っていた、ということがあります。

20代のうちから個人でWebページを作っていて、Photoshopをはじめとするアドビ製品にはずっとお世話になっていました。それらCreative Cloud領域とは別に、マーケターとしてExperience Cloudを活用していたし、間違いが許されない金融の世界で、 Document Cloudにも非常に助けられていました。もともと、ガジェット好きだったり、テクノロジーオタクなところもあるので、ずっとファンだったのですよね。

異業種への転職ではありましたが、大好きな製品を扱うのですから、それほど大きな苦労はありませんでした。

メンバーの「多様性」を大事にする

04O3A1105-2

現在のチームは、男女比がほぼ1対1で、20年ほどの社歴の人や、最近入社したばかりの人もいる。経歴も国籍もさまざまで、多様なバックグラウンドを持ったメンバーが集まっていて、みんな違う視点を持っています。

時には喧々諤々(けんけんがくがく)と議論することも。健全な議論をするには、心理的安全性を確保しなくてはなりません。誰かが発言したときに、否定せず「いいね」と言い合えるようにしているし、誰のどんな意見も、「悪い」とか「正しくない」ことはない。「何を言ってもいい」という雰囲気を担保している自負はあります。自分と異なる意見をプラスに受け止められれば、自分が思いもしなかったアイデアが手に入ることがあるから。

4O3A1027-2

実は今、仕事よりも強いストレスがかかることをしているのです。それは、空手の昇級試験。40代から始めて、いまは3人の子どもと私の4人で通っています。礼儀作法も身に付くし、精神の鍛錬になります。空手を始めるまでは細い声だったのですが、声が大きくなり、相手に伝わりやすくなりました。丹田を意識して発声するからだと思います。昇級試験は、CEOに英語でプレゼンするくらい緊張するので、よい経験になります。おかげで、他のことを大したことではないと感じられるほど

私がどんなことにもベストを尽くすのは、30代前半に体調が悪くなった時期があったから。今、健康でしっかりと働けているのは、とても恵まれているし幸せなことだと思っています。人間、いつどんなことがあるかわかりません。いつ振り返っても「ベストを尽くしていた」と思えるように生きたいのです。

  • facebook
  • twitter
  • hatena
栃尾江美
外資系IT企業にエンジニアとして勤めた後、ハワイへ短期留学し、その後ライターへ。雑誌や書籍、Webサイトを問わず、ビジネス、デジタル、子育て、コラムなどを執筆。現在は「女性と仕事」「働き方」などのジャンルに力を入れている。個人サイトはhttp://emitochio.net

    インタビュー/働くあなたに伝えたいこと

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。