1. Home
  2. Equality
  3. 【招待コード付き】企業は個人とどう向き合う? 社会における選択肢を増やすために必要な取り組み

【招待コード付き】企業は個人とどう向き合う? 社会における選択肢を増やすために必要な取り組み

サミットセッション告知記事画像(3)

2021年3月18日、19日に開催するMASHING UP SUMMIT 2021。オンライン&完全招待制でお届けする今回は「Breakthrough Innovation for the SDGs」をテーマに、SDGsやESG投資、ESG経営について各業界のリーダー陣が議論を交えます。最新動向をキャッチできるこのイベントに、読者のみなさまを特別ご招待します!

チケットサイトにて、【summit2021mu10】コードを入力してください(コードの利用方法は記事後半で解説)。2日間全てのセッションをリアルタイムで視聴可能です。見逃したり、もう一度見直したいセッションはアーカイブ配信で何度でもご覧いただけます。世界のSDGs最前線にリーチしたい方はぜひご参加ください!

チケット購入はこちら

社会において選択肢を増やすことの意味-1

「社会において選択肢を増やすことの意味」3月19日(金)17時〜

企業の終身雇用制度が終焉を迎えたとも言われる今、従来の働き方を改めるだけでなく、企業と個人との関わり方をも見直す時期に差し掛かっています。企業は今後、従業員や就職活動生、また消費者やアルムナイといった個人とどう向き合っていけば良いのでしょう? サミットDay2(19日)は「社会において選択肢を増やすことの意味」をテーマにセッションを開催します。

女性、LGBTQ、外国人……さまざまなマイノリティが、個人が自分の属性に関わらず能力を発揮し、尊重される社会を作るには、どのようなアクションが必要なのでしょうか。

本セッションの登壇者は、アクセンチュア株式会社 シニア・マネジャー 佐藤守氏、にじーず 代表 遠藤まめた氏、株式会社Looper /株式会社タレンティオ 代表取締役 佐野一機氏、モデレーターを務めるのはBusiness Insider Japan 副編集長 滝川麻衣子氏です。

MASHING UP SUMMIT 2021
会期:2021年3月18日(木)13:00〜20:00/2021年3月19日(金)12:45〜19:00
開催方式:招待制、オンライン開催
主催:MASHING UP実行委員会(株式会社メディアジーン、mash-inc. )
チケット:11,000円(税込)※当日/アーカイブ視聴可
視聴方法:チケットご購入後、ご視聴方法とURLをお送りいたします。
公式サイト:https://summit.mashingup.jp/
※セッション内容、登壇者、開催時間等は変更になる可能性がございます。

■割引コードのご利用方法

①下記のチケットページより、コード「summit2021mu10」を入力し「適用」を押してください。
https://eventregist.com/e/MUsummit2021

購入方法①-2-3

②「一般チケット(招待制、当日/アーカイブ視聴可)」の枚数が選択可能になります。枚数を選択し、「購入」ボタンを押してください。
【チケットの見分け方】
・枚数選択ができる
・「お一人様1枚まで」と表示されている
・「※コードのご記入ありがとうございます!こちらからご購入可能です。」と表示されている

購入方法②-2-3

③案内に従い、購入を完了ください。イベント開催当日までに、マイページに視聴URLが表示されます。

※こちらのイベントに参加された方には、MASHING UP 会員として、最新情報をニュースレターとしてお知らせします。また、オンライン/オフラインの限定イベントへ優先参加権、過去イベントのアーカイブ動画の視聴などをお楽しみいただけます。
※配信をご希望でない場合は、チケット購入時のフォームにて、許諾のチェックを外していただけますと配信解除できます。また、登録後でもいつでも会員登録の退会(配信解除)が可能です。

チケット購入はこちら

登壇者プロフィール

佐藤守(さとう・まもる)
日本IBMを経て、2011年からアクセンチュアへ参画。アクセンチュアインタラクティブにおいては、体験創造によるビジネス変革(Business of Experience)を推進するコンサルタントとして、人間体験を中心とした事業戦略策定、新規事業・サービス立上げ、マーケティング展開、新たな事業に合わせた組織設計・業務改革といったプロジェクトをリード。アクセンチュア社内でデザインシンキングファシリテーターの資格を保有し、プロジェクトや社内講師を務めている。また、多摩美術大学クリエイティブリーダーシッププログラムにおいてアイディエーションクラスも担当する。
コンサルティングに従事する中で、人・組織がもっと新しいアイディアを持って、活き活きと働いていくことが日本の発展に必要と強く実感。それにはインクルージョン(包摂性)と個人の視点・思考を発展させるアートこそ不可欠なのではないかと考えるに至り、アートおよびダイバーシティ領域で様々な活動を行っている。
アクセンチュアのインクルージョン&ダイバーシティ活動では、LGBTQ PRIDE領域を担当し、2018年から日本のアライネットワークリードとして、社内外のアライおよび当事者向け施策立案・推進に従事。2020年に設立されたプライドハウス東京レガシーでは、ミッション策定、事業構想、デジタル戦略、全体運営等を仕組みつくりチームメンバーとして取り組んでいる。
アクセンチュアのクラブ活動である芸術部では、企画・運営プロデューサーを務め、国内外のアーティスト、ギャラリー、美術館、アートコレクター等、様々なプレイヤーとコラボしながら年間5本以上の企画を実行しており、直近では、2020年12月に神奈川県民ホールギャラリーにおける大山エンリコイサム個展に協賛、アーティストご本人と担当キュレーターである中野仁詞氏とのツアー・対話イベントを開催した。https://www.accenture.com/jp-ja/blogs/life-blog/artsalon-event-part1

遠藤まめた

遠藤 まめた(えんどう・まめた)
1987年埼玉県生まれ。トランスジェンダー当事者としての自らの体験をきっかけにLGBTの子ども・若者支援に関わる。LGBTユースのための居場所にじーず代表。著書に「先生と親のためのLGBTガイド 〜もしあなたがカミングアウトされたなら」(合同出版)ほか。

佐野一機

佐野 一機(さの・かずき)
様々な業種、ステージの経営を経て、2015年にスタートアップ・ファクトリー「XIMERA」を創業(共同創業者)。「Talentio」を買収後、代表取締役(現任)に就任しリブートを主導。2016年4月にフリークアウト・ホールディングス社に株式を譲渡。2020年7月にSmartHR社と株式会社Looperを設立。たまにアート作品を制作して出展。

滝川麻衣子

滝川 麻衣子(たきがわ・まいこ)
大学卒業後、産経新聞社入社。広島支局、大阪本社を経て2006年から東京本社経済記者。ファッション、流行、金融、製造業、省庁、働き方の変革など経済ニュースを幅広く取材。 2017年4月からBusiness Insider Japanで働き方や生き方をテーマに取材。

このセッションと関連するトピックスは?

SDGs_1段

  • facebook
  • twitter
  • hatena
MASHING UP編集部
MASHING UP=インクルーシブな未来を拓く、メディア&コミュニティ。イベントやメディアを通じ、性別、業種、世代、国籍を超え多彩な人々と対話を深め、これからの社会や組織のかたち、未来のビジネスを考えていきます。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。