1. Home
  2. Work
  3. サミット特別割引コード付き! 世界のSDGs動向をOECD村上・Henge廣田両氏が語る

サミット特別割引コード付き! 世界のSDGs動向をOECD村上・Henge廣田両氏が語る

サミットセッション告知記事画像

2021年3月18日、19日に開催予定のオンライン・ビジネスカンファレンスMASHING UP SUMMIT 2021。SDGsやESG投資、ESG経営についての最新動向がわかるサミットを、今年は完全招待制で開催。そして、今回この記事をご覧いただいている読者のみなさまを特別ご招待します!

最新SDGsがわかる、2日間全てのセッションをリアルタイムで視聴可能。見逃したり、もう一度見直したいセッションをアーカイブ配信で何度でもご覧いただけます。読者のみなさま限定に個人向けチケットを購入できる特別コード【summit2021mu10】ご案内いたします。(コードの利用方法は記事後半で解説)

MASHING UPのエクスクルーシブなイベントをお楽しみいただけるこの機会、ぜひお見逃しなく!

チケット購入はこちら

「SDGsと世界。北米、ヨーロッパ、アジア、アフリカ」3月18日13時〜

SDGsは近年、日本でも企業や行政が力を入れている分野ですが、グローバルの各国はどのように取り組んでいるのでしょう。

サミットDay1(18日)の13:00〜「SDGsと世界。北米、ヨーロッパ、アジア、アフリカ」と題したセッションを展開。日本のSDGs事情は、欧米の周回遅れともいわれています。なぜ日本は遅れているのか、何が大きなギャップを生んでいるのか——。

OECDの日本およびアジア地域における活動の管理・責任者として、政府、民間企業、研究機関及びメディアなどに対し、OECDの調査や研究、また経済政策提言を行ってきたOECD東京センター所長 村上由美子氏が考える、日本、そして世界のSDGsを取り巻く状況とは?

Henge Inc.のディレクター、廣田周作氏は企業のブランド開発を専門におこなう同社で、さまざまな企業のブランド戦略の立案サポートや、イノベーション・プロジェクトに多数参画してきた経験から、海外企業のサステナブルアクションの事例紹介を通じてSDGs取り組みにおける日本の現在地点を俯瞰します。

MASHING UP SUMMIT 2021
会期:2021年3月18日(木)13:00〜20:00/2021年3月19日(金)12:45〜19:00
開催方式:招待制、オンライン開催
主催:MASHING UP実行委員会(株式会社メディアジーン、mash-inc. )
チケット:11,000円(税込)※当日/アーカイブ視聴可
視聴方法:チケットご購入後、ご視聴方法とURLをお送りいたします。
公式サイト:https://summit.mashingup.jp/
※セッション内容、登壇者、開催時間等は変更になる可能性がございます。

■招待コードのご利用方法

①下記のチケットページより、コード「summit2021mu10」を入力し「適用」を押してください。
https://eventregist.com/e/MUsummit2021

購入方法①-2

②「一般チケット(招待制、当日/アーカイブ視聴可)」の枚数が選択可能になります。枚数を選択し、「購入」ボタンを押してください。
【チケットの見分け方】
・枚数選択ができる
・「お一人様1枚まで」と表示されている
・「※コードのご記入ありがとうございます!こちらからご購入可能です。」と表示されている

購入方法②-2

③案内に従い、購入を完了ください。イベント開催当日までに、マイページに視聴URLが表示されます。

※こちらのイベントに参加された方には、MASHING UP 会員として、最新情報をニュースレターとしてお知らせします。また、オンライン/オフラインの限定イベントへ優先参加権、過去イベントのアーカイブ動画の視聴などをお楽しみいただけます。
※配信をご希望でない場合は、チケット購入時のフォームにて、許諾のチェックを外していただけますと配信解除できます。また、登録後でもいつでも会員登録の退会(配信解除)が可能です。

チケット購入はこちら

登壇者プロフィール

Yumiko-MURAKAMI

村上 由美子(むらかみ・ゆみこ)
上智大学外国語学部卒、スタンフォード大学院修士課程(MA)、ハーバード大学院経営修士課程(MBA)修了。その後約20年にわたり主にニューヨークで投資銀行業務に就く。ゴールドマン・サックス及びクレディ・スイスのマネージング・ディレクターを経て、2013年にOECD東京センター所長に就任。OECDの日本およびアジア地域における活動の管理、責任者。政府、民間企業、研究機関及びメディアなどに対し、OECDの調査や研究、及び経済政策提言を行う。ビジネススクール入学前は国連開発計画や国連平和維持軍での職務経験も持つ。ハーバード・ビジネススクールの日本アドバイザリーボードメンバーを務めるほか、外務省、内閣府、経済産業省はじめ、政府の委員会で委員を歴任している。著書に「武器としての人口減社会」がある。

hirota_shusaku

廣田 周作(ひろた・しゅうさく)
1980年生まれ。放送局でのディレクター職、広告会社でのマーケティング、新規事業開発・ブランドコンサルティング業務を経て、2018年8月に独立。企業のブランド開発を専門に行うHenge Inc.を設立。英国ロンドンに拠点をもつイノベーション・リサーチ企業「Stylus Media Group」の日本におけるチーフを担当。独自のブランド開発の手法をもち、様々な企業のブランド戦略の立案サポートやイノベーション・プロジェクトに多数参画。自著に『SHARED VISION』(宣伝会議)など。

このセッションに関連するトピックスは?

1

2-1

3-1

4

こちらもおすすめ

知ること、伝えることで未来が変わる。長谷川ミラさんが、発信し続ける理由

モデルであり、アパレルブランドのオーナー、さらにラジオパーソナリティなどマルチに活躍する長谷川ミラさんが、見つめる未来。よりよい社会をかなえるために...

https://www.mashingup.jp/2021/02/229407intel.html

SDGs達成を夢物語にしないために。iamtheCODEマリエム・ジャムの行動に学ぶ

5つのSDGsゴールを掲げ、STEAMD教育を軸に少女たちへの支援を行うiamtheCODE。コロナ禍の今、難民キャンプなど厳しい環境下での取り組み...

https://www.mashingup.jp/2021/02/iamthecode_interview.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena
MASHING UP編集部
MASHING UP=インクルーシブな未来を拓く、メディア&コミュニティ。イベントやメディアを通じ、性別、業種、世代、国籍を超え多彩な人々と対話を深め、これからの社会や組織のかたち、未来のビジネスを考えていきます。

この記事に関連する人

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。