1. Home
  2. Work
  3. インスピレーションは星空のようなカオスから生まれる。ネイキッド 村松亮太郎さんが提示する新たなアートの形

素敵なことをはじめよう

インスピレーションは星空のようなカオスから生まれる。ネイキッド 村松亮太郎さんが提示する新たなアートの形

Sponsored

村松さんTOP

日本におけるデジタルアートの世界に一石を投じた、村松亮太郎さん率いるクリエイティブカンパニーNAKED,INC.(ネイキッド)。2012年に行われた「TOKYO HIKARI VISION」は記憶に新しい。1914年の創建時の姿に復元された東京駅丸の内駅舎がまるで生きているように彩られ、2日間で約2万人を動員。「プロジェクションマッピング」という映像手法を、広く知らしめるきっかけとなった。

ネイキッドの作品に共通するのは、観る人の感覚に訴えかける世界観や、物語性を持ち得ている点。それは村松さんが俳優や映画監督としての経歴を持ち、多様な映像の世界で作品を作り続けてきたことが、少なからず関わっているようだ。

ネイキッドが映像プロダクションとして産声を上げたのは1997年。テクノロジーの進化とともに歩んできたこれまで、そしてコロナ禍でさまざまな社会課題が浮き彫りになった今、アートに込める思いを聞いた。

村松亮太郎(むらまつ・りょうたろう)
アーティスト。NAKED, INC.代表。大阪芸術大学客員教授。長野県・阿智村ブランディングディレクター。1997年にクリエイティブカンパニーNAKED, INC.を設立以来、映像や空間演出、地域創生、伝統文化など、あらゆるジャンルのプロジェクトを率いてきた。映画の監督作品は長編・短編合わせて国際映画祭で48ノミネート&受賞。2018年からは個人アーティストとしての活動を開始し、国内外で作品を発表。2020年には、分断の時代に平和への祈りで世界を繋ぐネットワーク型のアートプロジェクト『DANDELION PROJECT』を立ち上げ、世界各地での作品設置に取り組む。

文字は記号。言葉ではなく「映像」で伝えたかった

村松さん2

取材を行ったのは、村松さんが大切にするレコードとヴィンテージのオーディオ機器がずらりと並ぶ空間。テクノロジーを駆使した作品が国内外で評価される村松さんだが、「実は究極のアナログ人間でもあるんです」と語る。

子どもの頃は優等生で小・中学時代は生徒会長を務めた。バブルで世の中が浮き足立ち、いい大学を出て一流企業に勤めることが良しとされるなか、どう生きていくべきか村松さんが答えを求めたのは本や映画、音楽、そしてアートだった。とくに惹かれたのが映像の世界。

「はじめは小説家もいいなと思っていました。でも、文字は記号でしかない。『青い空、白い雲』と言っても、実際は空にも雲にも色はありません。だったら、僕はその感覚を言葉ではなく映像で伝えたかった。映画や短編・長編フィルムを撮るときは脚本も書きますが、まず思い浮かべた映像を脚本に落とし込むのです。映像を先にイメージするのは、デジタルアートでも変わらないですね」

作品を制作するなかで、繰り返される選択と決定。その判断基準としてきたのは、「自分が信じられるか、自分が気持ちいいと感じられるか」。ポリシーは持った瞬間に自分の可能性を狭めてしまうため、「こうあるべき」という考えは持たないようにしている、と村松さんは静かに語る。

「いつ生まれるかわからないインスピレーションを敏感にキャッチできるように、頭の中を整理しすぎず、星空のようにカオティックにしておくことを意識しています。今ある星座は誰かが作ったものだけど、視点を変えれば違う形に見えるし、別の星をつないでアレンジしたっていいでしょ。感性は鈍らせたくないですね」

変わりゆくアートの価値と新たなコミュニケーション

_MG_3169-1_2

企画・実施していたイベントが中止・延期を余儀なくされ、「業界のトレンドのようなものが一度リセットされたような気がする」と話す。

斬新で華やかな作風の一方で、村松さんはアートを通して積極的に社会への問題定義を行っている。

たとえば2016年から続く『FLOWERS BY NAKED』は、花の種を多様性や循環の話につなげた作品だ。また2019年に発表し、海の世界を美しく描いた『NAKED OCEAN』は、JAMSTEC(海洋研究開発機構)の協力を得てさまざまな海洋データをもとに作品を構成し、海洋問題への関心を促している。

2021年の『HANABI FLOWERS』は、イベントなどで飾られ一度役目を終えた花を染め上げ、再利用したものだ。新たな命を吹き込まれたリサイクルフラワーを使用し作られる花火と、デジタル花火の映像が融合した作品は、フラワーロスの課題を訴える。

「SDGsだ、教育だ、と言っても子どもには伝わりませんし、『大人が何か押し付けようとしているな』とすぐに勘繰られてしまいます。社会課題を前面に押し出すのではなく、海や自然は美しいもの、楽しいものだと感じてもらい、まずは興味を持ってもらうことが大切。作品をご覧になるとき、ぜひ背景にあるテーマにも思いを馳せてみてほしいですね」

そして今、コロナ禍の不安な社会情勢においても、村松さんはアートのあり方を模索している。観客をリアルな空間に招いて映像演出を提供してきたネイキッドも、その手立てを失い、これまでの手法やアートのあり方をあらためて見直すこととなったという。

dandelion

『Dandelion(ダンデライオン)』。ネットワークを介して、世界中を一つにつなげる大規模アートは、コロナ禍で分断の最中にある現代にコミュニケーションの価値を考えるきっかけをくれる。

画像提供:ネイキッド

村松さんが今、再び力を入れているのが、2001年のアメリカ同時多発テロ事件がきっかけで制作したという、『Dandelion(ダンデライオン)』。タンポポに息を吹きかけると綿毛が舞い上がり、やがて地面に根づいて新しい花を咲かせる様子を表現したインスタレーションだ。

さらに2020年に発表されたのが『DANDELION PROJECT』。『Dandelion』を世界各地に設置し、世界中の人々をつなぐことを試みる大規模アートで、2015年のパリ同時多発テロの後にスタートしたプロジェクトだ。

息を吹きかけて飛ばしたタンポポの綿毛は、ネットワークを介して世界へ飛び、花畑となる。民族や言葉という垣根を越えて、「花が咲く」というイメージは誰の心にもあたたかな気持ちをもたらす。村松さんの狙いはそこにある。

「平和や正義といった主義主張を言葉で表現すると、どうしても対立が生まれてしまいます。コロナ禍で誰もが不安を抱えている今、感じてほしいのは平穏、ただそれだけ。これはテクノロジーとネットワークがあるからこそできるアートであり、新しいコミュニケーションです

『DANDELION PROJECT』は2021年の秋に、京都で行うことが決まっているという。今回はコロナ禍であることを鑑み、息を吹きかけるのではなく、スマホをかざすと綿毛が舞い上がる仕様に変更予定だ。時代に即して、アートのあり方もアップデートされている。

機能から使い勝手へ。そして今PCに求められるのは「総合力」

intel_m4

LG gramを持ってみて、あまりの軽さに「何これ!」と驚く村松さん。さらに、「画面も大きいので、クリエイティブな作業がはかどりそうですね」と太鼓判を押す。

映像にとどまらず、商業施設の演出空間やレストラン運営、商品開発と多岐にわたる事業領域を手がけるネイキッド。スタッフの働き方は、出社する人もいれば、在宅で仕事をする人、ノートPCを持ちクライアントとの打ち合わせに向かったり、出先で編集や合成、レンダリング(画像や映像、音声などの生成)をしたりする人とさまざま。もともと自由だった働き方に、コロナ禍で拍車がかかったのだという。

「ワーケーションやノマドワーカーといった働き方は昔から実践していましたが、やはりPCやWi-Fi環境が実現させた働き方であることは間違いありません。とくに、近年のPCの進化はめざましい。僕がネイキッドを立ち上げた1997年はPCも第一世代で持ち運ぶなんて想像すらしなかった。映像を作るのも、それを動画として動かすのも大変でした。これまで試行錯誤する中で、PCに関してもかなり詳しくなりましたね」

そんな“パソコンオタク”を自称する村松さんによれば、初期のPCから2010年ぐらいまでは「ひたすら機能を追求した時代」。その後は小型化、軽量化といった「使い勝手」が重視され、持ち運べるタブレットなどが登場。現代は、機能と使い勝手の「総合力」を持つことが、PCに求められる必須条件だと語る

村松さんにとって理想のPCは、まず「軽いこと」。軽さで考えればスマホやタブレットのほうがいいに決まっているが、それではスペックが不十分。

「外出先に持ち出すデバイスを選ぶ際、『今日は作業が発生するからノートPCを』『今日は情報をチェックするだけだからタブレット』と事前に考えなければいけないとなると面倒。だから、スマホやタブレットのように扱える使い勝手の良さと、十分なスペックを備えたノートPCがあるならそれがベスト

想像力を妨げない。自分の手のように扱えるノートPC

intel_m5

「ああ、きれいですね」。クリエイターにとって色の再現性は必要不可欠。LG gramは高いグラフィック性能も自慢だ。

今回、村松さんに試してもらったのは「LG gram 16Z90P」。軽量・大画面・長時間・高耐久・高性能のすべてを叶える一台だ。

特徴的なのは、クリエイターの作業を妨げない、16インチという大画面。それでいて、わずか1.19kgという軽さはギネス世界記録認定されるほど。さらに、バッテリー駆動時間は最大30時間なので(※)、バッテリー切れを気にすることなく作業に没頭できる。

これらの機能を実現できるのは、LG gramインテル® Evo™ プラットフォームに準拠したPCであるからに他ならない。

インテル® Evo™ プラットフォームとは最新のハイスペックCPUである、最新第11世代インテル® Core™ プロセッサー Core™ i5以上を搭載し、ユーザーがより上質で快適な体験ができる仕組みのこと。本体右下に貼られたインテル®︎ Evo™️ プラットフォーム・バッジは、「薄さ」「軽さ」「速さ」といったいくつもの厳しい条件をクリアしたノートPCにだけ与えられる、インテル® Evo™ プラットフォーム準拠PCであることの証なのだ。

村松さんのようなクリエイターにとって、画面の大きさと、デスクトップPCに劣らないスペックの高さ、色の再現性や作業の快適さといったスペックは必須だという。大きなデータを扱うため容量も必要で、インスピレーションを妨げない速さも欠かせない。

その点、LG gramは第11世代 インテル® Core™ プロセッサー・ファミリーとインテル® Iris® Xe グラフィックスにより、写真と動画の編集作業はこれまでのノートPCに比べて約3倍高速化。また、極小ベゼルのディスプレイは、より快適な視聴体験を実現してくれる。スリープ状態から1秒以内に起動するほか、応答性も向上。1TB SSDの大容量が選択できるのもうれしい。

「作品づくりに際し、僕はデスクに張りついてアイデアを絞り出すことはしない。じっとしていると思考も停滞してしまうので、歩いたり走ったり車を走らせたりして、とにかく動くのです。そんななかで、モビリティにも優れ、デスクトップ並みのパフォーマンスを発揮してくれるこのLG gramは頼もしい。創造意欲がかき立てられますね」

誰もがクリエイターになれる時代。自分の思いつくままにアイデアを表現し、発信するチャンスは無限に広がっている。「テクノロジーやネットワークが進化した今、何か形にしたい思いがある人は、すぐにでも始めてみたらいいと思う」と、村松さん。インスピレーションを妨げず、自分の手を操るように自由な感覚で描けるノートPCがあるのなら、始めない手はない。

そんな時、私たちのクリエイティビティを刺激し、世界中とつなげてくれるのが、LG gram。これらのテクノロジーは、村松さん率いるネイキッドのアート活動をより加速させてくれるはずだ。

インテル® Evo™ プラットフォーム

EVO

安定的なネットワークを確保し、標準的なWi-Fiと比較すると3倍近くもインターネット接続が高速化する「高速通信規格Wi-Fi 6(Gig+)」を装備していることもインテル® Evo™ プラットフォーム準拠の条件のひとつ。

「ネットワークが実現するアートは、新しいコミュニケーション」と語る村松さん。快適なネットワーク環境で、言葉に頼らないNAKEDのクリエイションを楽しみたい。

>>詳細はこちら

LG gram

LGgram-1

16インチの大画面を誇りながら、村松さんも「圧倒的」と認める1.19kgの軽さと、最大30時間というバッテリーの持ち(※)がクリエイターの自由度を上げるノートPC、LG gram。ニーズに合わせて、14インチ、17インチのラインアップも。

クリエイターのインスピレーションとイマジネーションを妨げない色の再現性や作業の快適さは、インテル® Evo™ プラットフォーム準拠のノートPCならでは。

>>詳細はこちら

※駆動時間はJEITAバッテリー動作時間測定法(Ver.2.0)による測定結果です。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Core、Intel Evo、インテル Evo、Intel Inside ロゴ、Iris、Thunderbolt、Thunderboltロゴは、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。 © 2021 Intel Corporation. 無断での引用、転載を禁じます。

撮影/柳原久子、取材・文/大森りえ

インテル

Sponsored by インテル株式会社

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    素敵なことをはじめよう

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。