1. Home
  2. Social good
  3. 気仙沼から、世界の課題を解決したい。漁網のアップサイクルに挑む、25歳の野望

気仙沼から、世界の課題を解決したい。漁網のアップサイクルに挑む、25歳の野望

kodai_kato_2

撮影 / MASHING UP

宮城県気仙沼市。世界有数の漁港で知られるこの港町が、東日本大震災で津波による被害を受けてから、丸11年が経つ。震災後、ボランティアとして通うなかでこの町に惚れ込み、移住してビジネスを興した若者がいる。amu代表加藤広大さん(25)だ。

神奈川県小田原市で生まれ育った加藤さんと気仙沼との出会いは、2015年8月。大学1年生の夏に、ワークキャンプのボランティアとして気仙沼の唐桑半島を訪れた。全国から集まった学生ボランティアや地元の若者と10日間の共同生活を送り、コミュニティ運営などを企画しては、形にする日々。夢中になり、長期休みのたびに唐桑半島に通った。いつしか、いずれは自分で事業をしたい、という気持ちが胸の中で芽生えていた。

その後、インターンをしていた渋谷の大手スタートアップに入社し、営業や番組プロデュースに業務に従事。社会人としての経験を2年半積んだのち、2019年6月、22歳で気仙沼に移住した。具体的なビジネスプランは持ち合わせていなかったが、「誰も可能性を見出し切れていない気仙沼で、一旗あげるぞ」と野望は人一倍大きかった。

amu_2-1

大学2年次、気仙沼・唐桑半島でのワークキャンプで、休憩所として利用できる東屋を建設。「皆で汗を流した結果、地元の人に喜んでもらえ、かなりの達成感がありました」と加藤さん。

提供/加藤さん

世界中の課題を解決するポテンシャルを感じて

ビジネスの鍵となる「気仙沼の武器」を探すなかで、出会ったのが漁網だ。町の基幹産業である漁業と漁網は、切っても切れない関係。1回の遠洋マグロ漁で使われる漁網は100〜500kgほど。3〜4回の利用で摩耗した漁網は、従来、海外販売、産廃業者による埋め立てや焼却といった方法で処理されるが、廃棄料の高さなどから、浜に放置されたり、海に投棄されたりする例も少なくないと知った。

海に投棄された漁網は「ゴーストネット」と呼ばれ、クジラ、イルカ、アザラシといった海洋生物の命を奪うなど、世界中で深刻な環境問題となっている。また環境省の調査によれば、漁網は日本の漂着ゴミの3割を占める。にもかかわらず、魚網が自然分解するために要する時間は推定600年。この漁網に、新たな命を吹き込み、資源として生まれ変わらせることはできないか

世界中の課題を解決するポテンシャルが、漁網には眠っているのかもしれない、と思いました。世界有数の漁師町として栄えてきた気仙沼だからこそ、この問題に声をあげる意味がある。このプロジェクトによって、気仙沼から色々な地域や人々とつながれたら、そんな楽しいことはない、と」(加藤さん)

kesennuma-1

世界有数の港町である気仙沼の港。カツオ、サンマ、メカジキ、サメなどは全国屈指の水揚げを誇る。『海と共に生きる』が街のスローガンだという。

撮影/MASHING UP

さっそく、協力者探しが始まった。学生時代から世話になっていた旅館の女将に相談すると、翌日マグロ組合の組合長を紹介してくれ、さらに組合長の紹介で、網元、漁労長、船長へ。「あの人がやるなら、うちの船も協力するよ」そんな共感の声が、人づてに少しずつ増えていった。

2021年9月、加藤さんはamuを設立。「amuという名は『編む』から来ています。地域に古くからあるけれど、誰も可能性を見出し切れていないものを、編集・編纂・編成して魅力を引き出し、広く世に届ける。そんな思いを込めました」

漁網をナイロンに再資源化する試みは、ほぼ日本初だ。回収コストが高く、リサイクル技術が確率されていないため、これまでは誰も手をつけてこなかった。

amu_1-1

ナイロンの漁網をリサイクルしたペレット。これがナイロンの布の原料となる。加藤さんは、遠洋延縄(はえなわ)漁法で使われるナイロンテグスに限定し、回収と再資源化を進めている。

提供/加藤さん

全国を探し、日本で唯一、漁網のリサイクルを手がける縫製工場を愛知県一宮市に見つけた。2022年2月、数か月かけて回収した10トントラック1台分のナイロンテグスの漁網を、「第1便」として工場に送り届けた。まもなく、ジャケットとリュックのサンプルが上がってくる。

「ホッとするとともに、回収や資金調達の苦労を思い出し、『こりゃ誰もやらないわけだ』と痛感しました。これからいかにしっかりしたビジネスモデルを構築し、サステナブルな事業にしていくか。次の課題が見えて、気が引き締まる思いがしました」(加藤さん)

共同体としての一体感と、懐の深さ

必死で事業を回すなかで、改めて気仙沼の良さや、町の人の温かさにも触れた。「気仙沼は、漁業が町の中心にあって、皆で旬の魚の水揚げを楽しみにするなど、共同体としての一体感がある町。決して誰かの一人勝ちでなく、皆で助け合おうという懐の深さがある。私の事業の話をどこからか聞きつけて、魚網をいっぱいにつめたスーパーの袋を、3袋抱えて持ってきてくれる漁師さんもいました」

amu_4-1

「気仙沼は漁業を中心に、共同体としての一体感がある町」と加藤さん。漁船の出港を見守る町の人々。

提供/加藤さん

「これから様々な人や企業、自治体などと協力して、全国的に回収システムを広げていきたい」と加藤さん。そのためのリソースはまだまだ足りておらず、「協力してくれる人や企業、自治体を絶賛募集中」というが、すでに行政や地方企業から声がかかり、遠く沖縄・石垣島や青森でも漁網の回収がスタートした。気仙沼から全国へ、そして世界へ。加藤さんの夢は広がりはじめている。

取材・執筆/中村茉莉花(MASHING UP編集部)

  • facebook
  • twitter
MASHING UP編集部
MASHING UP=インクルーシブな未来を拓く、メディア&コミュニティ。イベントやメディアを通じ、性別、業種、世代、国籍を超え多彩な人々と対話を深め、これからの社会や組織のかたち、未来のビジネスを考えていきます。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと

    MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報

    招待制イベントへの会員限定コードなどをご案内いたします。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方は、ぜひ会員にご登録ください(無料)。