1. Home
  2. Author
  3. 冠ゆき

冠ゆき

冠ゆき

山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、国立大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド五年、イタリア三年半、中国四年半の生活を経た後、2013年夏フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40カ国。六ヶ国語を解する。多様な文化に身をおいてきた経験を生かして、柔軟かつ相対的視点から、フランスのあれこれを切り取り日本に紹介中。

2019.04.13.Sat

【終了】シチズン時計株式会社「NewTiMe, New Me」キャンペーン × MASHING UP
〜明日からできる、世界をほんの少し変える選択〜

common ginza (GINZA PLACE 3F)

濃いアフリカの香り、海のブルー。空想を旅したピカソの展覧会がフランスで

実にパリらしい。マレ地区の新スポットで楽しむアートな建築

30倍の毛穴にドキリ。「スマホで肌チェック」の新時代来たる

カトリーヌ・ドヌーヴら「口説く自由を」#MeTooに一石投じる

職場での批判をどうさばくか

ついに女性もコンサート解禁。サウジ皇太子の改革すすむ

うっかりミスや物忘れ。困る前にチェックするべき脳の健康5つのポイント

ヴーヴ・クリコが選ぶ、未来を創るビジネスウーマン

冬のオフィスでも日焼け止めを塗ったほうがよい理由

時間よ、せめてゆっくり流れて! 時間感覚を緩やかにする方法

GPSをイメージすればスピーチが楽に成功する

マクロン夫妻に遭えるかも。フランス、ル・トゥケのマルシェ・ド・ノエル

ニコール・キッドマンもにっこり。心躍るパリデパートのクリスマスウィンドウ

限りなくイタリアに近いフランス領「美の島」コルシカを旅する

ビジネスリーダーに必要な4つの資質とは

印伝400余年、アスプレイ300余年。700年超の日英伝統コラボ

ビジネスアイディアを降臨させる方法

光の雨が降りそそぐ。ルーヴル美術館がアブダビに開館

40代で起業。悩みも障害も「美味しいコーヒー」で乗り越える

エルメスのスカーフ「カレ」の世界観を新パルファンで

メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。