1. Home
  2. Author
  3. 多田亜矢子

多田亜矢子 の執筆記事一覧

日本発信のクリーンビューティ、いまもっとも注目の成分とは?【J Beauty最前線】

「3D・CGスキーム」の力! 余剰在庫と生産工数を減らすサステナブルな服づくり

日本の女性科学者数、ゆっくりとだが上昇。2006年から続くロレアルの挑戦

アディダス往年の名作スニーカーがサステナブル設計で蘇る

マザーハウスが提案する「SOCIAL VINTAGE」とは。培ったモノへの愛着をつなぐ

90年代の名香が進化。性別も年齢も問わない、新時代のアイコニックな香りに

製薬会社だから実現できた「がんばりすぎないスキンケア」が、気持ちいい

事前サーベイ&先行オーダー。D2Cだから実現できる、衣料品のサステナビリティ化

「使わない」から「循環させる」発想へ。アニヤ・ハインドマーチのプラスチック・バッグ

無印良品がオアシスになった。プラスチックごみ削減に向け、給水サービス開始

韓国でもクリーンビューティが急成長中。フェアトレード原料を用いた韓国コスメ

耕作放棄茶園から生まれた茶葉を、世界に通用する逸品に

自社のもつ高い技術で、世界の危機に対峙する。「ロエベ」の取り組み

手元の静かなきらめきが、新型コロナと最前線で戦う医師のサポートに

資生堂が示すサスティナビリティへの本気。資源を守り、循環させる新ブランド

クリーンかつジェンダーレス。名ブランドを手がける化粧品メーカーから満を持して誕生

外袋完全植物由来プラ使用、食材廃棄量も低減。あのミールキットが、いっそう地球フレンドリーに

新型コロナに立ち向かう人々に、親しい人からシューズでエールを[KEEN、10万足を提供]

地球の気候を思索するきっかけ、その名も「サイバー和菓子」/OPENMEALSの新プロジェクト

トレンドの波に流され埋もれた衣料を、再び陽の当たる場所へ/余剰在庫を新レーベル化

生産アプローチに意識改革をもたらす、NIKEの地球にやさしいフットウェア

「アグリツーリズモリゾート」という、新しい旅のかたち。農業とサステイナブルな消費を知る

「変身メイク」の時代は終焉へ。コンプレックスや個性を自分の魅力へと高めるメイクアップ

チャリティを身近にする新サービス。クリスマスの思い出をSNSにアップ。

環境配慮と美しい服を着る高揚。みんなに優しいドレス(後編)

環境配慮と美しい服を着る高揚。みんなに優しいドレス(前編)

日本のシルクが世界の女性たちをエンパワー中。日本の実力派コスメ、凱旋

美しい……! ドネーションにつながる「手元の装い」

おいしく食べて、楽しく投票。お店とゲストが一緒に課題解決を目指す「参加型社会貢献ショップ」

メンズコスメ、好調。メイクに「男だから、女だから」の壁はいらない

フェアトレードの原料を使用した、「旬な目元」をつくってくれるアイパレット

ひんやり〜。夏のボディに心地よいセルライトケア

UV対策は、なめて行う時代。手軽かつ全身に効く!?

カフェで、スヤァ。コーヒーを上手に摂って、睡眠負債の完済を

心躍るバッグ。パステルカラーのセルペンティ

メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。